何でも事典

2005/12/12

イチゴはバラ科の多年草
●12月になると街にツリーが飾られ、クリスマス気分が高まってくる。クリスマスといえばデコレーションケーキ、そして、白いクリームの上に飾られている赤いイチゴがなぜか目立つ季節でもある。このイチゴ、実はバラ科のリンゴや梨と同じ仲間で、日本では毎年植え替えているが多年草で、旬は12月ではなく5月だ。イチゴの野生種は北半球と南アメリカに10数種類、日本でもノウゴウイチゴなど3種額が自生している。とはいっても、それらは日頃食べているものと全く違う種類で、18世紀に北米のバージニアと南米のチリからオランダに伝わった2種類のイチゴが改良され現在のものが出来上がったという。

イチゴはもともと野草だった
●日本では、平安時代に“イチビ”という名で、『枕草子』に出てくる。しかし、“イチビ”は栽培されていたのではなく、野草として扱われていた。江戸時代末期にオランダで改良されたものが伝わり、その『オランダイチゴ』が基となり、明治になって日本で栽培が試みられた。日本では石垣イチゴやハウスイチゴに象徴されるように、昭和30年代から促成栽培が本格化し、雨を直接あてない栽培法が確立し、安定生産が出来るようになり、クリスマスのケーキ用イチゴの消費を賄えるようになった。

ビタミンCが豊富
●イチゴは100グラム中、ビタミンCが62ミリグラムも含まれている。成人が1日に必要とされるビタミンCの摂取量は50〜60ミリグラムなので、イチゴを5〜6つ食べれば必要量を補給することが出来る。また、100グラム中170ミリグラム含まれているカリウムはナトリウムを排出し、血圧を下げる効果がある。しかし、腎臓の機能が低下している人は高カリウム血症に注意が必要だ。成人が1日に必要なカリウムは2,000mg、イチゴだと1.2kg以上も食べなければならない計算で、カリウムよりビタミンCの効果に期待した方が良さそうだ。なお、イチゴの赤い色の正体はアントシアニン系色素の一種で、目に良いとされるブルーベリーの紫色と同じ色素だ。

あの小さな粒々は種
●イチゴの表面についている小さなケシ状の粒々は、そのすべてがタネだ。その事実に疑いを持つなら、気温が20度を超える寒くない時期に、乾燥させないようにして蒔けば発芽する。しかし、イチゴ園では、種から実を育てるのではなく、ランナーという親株から伸びてくるツルを利用して増やしていく。なお、新しい品種を作る時は、交配させたイチゴの小さい種を発芽させる。

2005/12/05

ウォームビズは室温20度が基準
●環境省は『クールビズ』に続いて、地球温暖化防止のため、暖房時の室温を20度にする『ウォームビズ』を呼びかけている。環境省によると、『暖房に頼り過ぎず、働きやすく暖かく格好良いビジネススタイル』がウォームビズということらしい。ちなみに暖房温度を21度から20度に1度下げると、年間で約25.7キロの二酸化炭素を削減することが出来るらしい。日本では年間の暖房日数が冷房日数より多く、また、外気温と室温との差が大きいため、冷房設定温度を27度から28度に設定した場合の年間5.9キロ削減に比べて約4.4倍の効果があるというが、室温20度はちょっと寒いかも知れない。

家を外気から守る工夫が大事
●家庭で、エアコンの温度を21度から20度に下げると、年間900円の節約になるらしいが、エアコンの熱が外に出ないような工夫をしないと、寒さで風邪を引き、医療費がかさむなんてことになりかねない。そうならないためには、@窓やドアの隙間を、プチプチと音のする緩衝材などでふさぐ、Aカーテンで窓を覆い、床につくまでしっかりつるす、B広い部屋ではエアコンやストーブで暖まった空気を扇風機で部屋に拡散させる、Cこたつは掛け布団にプラスして、敷き布団を用いる…などの工夫をすることが必要だ。

重ね着で体感気温を上げる
●『ウォームビズ』で何かと話題になるのは重ね着、(財)省エネルギーセンターによると、@タートルネックの長袖のTシャツ、A更にフリースジャケットを着込んだ状態…で体感温度を比較すると、長袖のTシャツだけだと23.9度だったのが、フリースを重ね着すると26.1度と2.2度も高くなった。また、はだしの体感温度は22.7度だが、靴下を履くと23.3度、スリッパを加えると23.9度に上昇する。1枚着込むだけで体感温度が上がり、暖房の温度を下げられるというが、環境を守るための地球人のエチケットと考えれば、20度の室温も我慢出来る。

経済波及効果は2,300億円
●『ウォームビズ』、セーターやフリースはいうに及ばず、下着、靴下に至るまで販売増加を期待出来る。第一生命経済研究所によると、『ウォームビズがクールビズ同様に各自治体や民間企業にも波及し、ホワイトカラーやOLの衣類関連支出が増加すれば、幅広い産業で生産波及効果が期待出来る』とし、推進団体がクールビズ同様20.7%程度だったら、2,323億円、名目GDP換算で1,467億円に達するというから経済にはプラスで、嬉しい話だ。


野菜・果物の世界一
(最も長いニンジン)
英・ランハリーに住むバーナード・レーバリー博士は、1987年に長さ3.35mのニンジンを栽培した。レーバリー博士は、このほかに特大サイズの植物や野菜を育てて、キャベツ(重量56.24kg)、インゲン(高さ10.7m)など26個の世界記録を保持している。

(最も長いキュウリ)
英・エセックスのA・C・レイメントは1986年に長さ1.1mのキュウリを育てた。

(最も長いズッキーニ)
米・ニューヨーク州ナイアガラフォールズのシャー・シン・カンワルは自宅で世界最長のズッキーニを育てた。2002年10月1日に計測した長さは1.34mあった。
(最も大きいバナナの房)
スペイン領カナリア諸島のイエロ島で栽培されたバナナは473本(130kg、2001年7月11日計量)からなる房をつけた。

(最も重いリーキ)
世界で最も重いリーキ(ポロネギ)は、英のフレッド・チャールトンが2002年に育てたもので、8.1kgあった。

2005/11/28

新聞に登場した鍋物指数とは?
●関東地方は21日朝、東京・大手町で5.8度、八王子市で1.5度、前橋で0.5度を記録、各地で12月上旬の寒さになった。読売新聞の11月21日付夕刊、『寒っ 冷えこむ〜関東 鍋物指数急上昇』という記事によると、この鍋物指数は、『気温と風速から算出した“体感気温”に湿度などの指標を組み合わせたもの』で、この日の鍋物指数は70まで上昇、鍋物に適した気候だったという。

こんな日にはこんな鍋
●それでも、鍋物指数といってもピンとこない人が多いに違いない。そのような人のために、ライブドアはホームページの天気情報のなかで、鍋物指数を鍋物のメニューなぞらえて掲載しているので紹介しよう。
100:すき焼きで体を温めましょう
 90:韓国風キムチ鍋も温まりそう
 80:味噌風味の石狩鍋はいかが? 70:ちり鍋・あんこう鍋はいかが?
 60:モツ鍋に熱燗がお勧め!
 50:ちゃんこ鍋でおなかは一杯!
 40:今夜はみんなで「芋煮会」! 30:野菜たっぷりの寄せ鍋がグー
 20:しゃぶしゃぶがおすすめ
 10:お鍋よりもおでんがいいかも
 0:今日はお鍋には向きません

 鍋のメニューに関しては多少、独断と偏見が入っているかも知れないが、このように指数と鍋物メニューを組み合わせると面白い。

風邪ひき指数を見て健康管理
●天候に関連した指数には、鍋物指数以外に@洗濯、Aかさ、B星空、C風邪ひき、D肌乾燥、E掛け布団、F重ね着指数…などがある。今年は鳥インフルエンザの感染が世界的に拡大しているため、風邪ひき指数に注目したい。風邪ひき指数は気温および湿度条件から、流行性感冒への感染のしやすさを指数化したものだが、ライブドアのランク付けは以下の通りだ。
100:風邪に警戒。うがいを心がけよう!
 90:風邪に警戒。手洗いを心がけよう!
 80:風邪に注意。室内は加湿器も有効!
 70:風邪に注意。体調管理に注意して!
 60:風邪に注意。人ごみはさけましょう!
 50:感染危険度は中。睡眠不足は大敵!
 40:感染危険度は中。ストレスは大敵!
 30:感染危険度は中。過労は大敵です!
 20:感染危険度は小。体を鍛えておこう!
 10:感染危険度は小。健全な食生活を!
 0:感染危険度は小。健康な体作りを!

2005/11/21

季節の移り変わりを感じる
●季節の移り変わりを知るものに二十四節気七十二候がある。そもそも、二十四節気七十二候は中国でつくられたものだ。中国では、月の満ち欠けの繰り返しを基本に置いた太陰太陽暦を使用していたため、長い歳月が経過すると、暦と季節との間にどうしてもズレが生じ、農業などを営むのに支障が出ていた。そこで、季節を知るための特別な暦をつくり、それを日常の暦に書き込み、農作業に役立てるために出来たのが二十四節気といわれる。当初は節気を決めるのに星座が利用されていたが、あとになって太陽の動きだけで決められるようになった。

二十四節気は15日間隔
●二十四節気をもう少し詳細に説明すると、冬至を起点にして、太陽の黄道上によって、一年を24等分に(各々15日間)に分け、それぞれに季節にふさわしい名称を与えたものだ。春夏秋冬の四季を更に6つに分けたものと理解すれば良いだろう。なお、現在の新暦では、春分点を起点としている(定気法)。太陽が春分点を出てから、再び春分点に達するまで、黄経360度とし、これを24等分して、各節気を配置し、一年間の気候の移り変わりを判るようにしている。ただし、二十四節気は中国の黄河中・下流域の季節感で決められたもので、気候の違う日本に当てはめようとすると多少のズレが出てくる。なお、七十二候は二十四節気の各節季を更に細かく3等分して、1年を5日ごとの72に分け、二十四節気と同様にそれぞれの時候に季節にあった名称をつけたものだ。

1ヵ月早く感じる二十四節気
●二十四節気は、以下のように分類することが出来る(日付は大体の日付で、年によって変動する)。
◆ 春
・立春(2月4日)、雨水(2月2月19日)、 啓蟄(3月6日)、春分(3月21日)、清明(4月5日)、穀雨(4月20日)
◆夏
・立夏(5月5日)、小満(5月21日)、芒種(6月6日)、夏至(6月21日)、小暑(7月7日)、大暑(7月23日)
◆秋
・ 立秋(8月7日)、処暑(8月23日)、白露(9月8日)、秋分(9月23日)、寒露(10月8日)、霜降(10月23日)
◆冬
・立冬(11月7日)、 小雪(11月22日)、大雪(12月7日)、冬至(12月22日)、小寒(1月5日) 大寒(1月20日)
二十四節気は日本の実際の四季が1ヵ月ほど早いため、日本独自に『雑節』や『本朝七十二候』が作られたりした。


自動車の世界一
(最速の目隠し運転)
2002年4月8日、英・ノースヨークシャーのエルビントン飛行場で、アリステア・ウィーバー(英)が目隠しをして、無線に誘導されながらアウディS8を運転し、時速226.91kmのスピードを出した。

(最速のバック走行)
2001年10月22日、英・グロセスターにあるケンブル飛行場で、ダレン・マニング(英)がケータハム・7・ファイヤーブレードに乗ってバックで走り、時速185.08kmに達した。

(自動車での最長の走行距離)
自動車の走行距離の最長記録は320万km。アービン・ゴードン(米)所有の1966年型ボルボP−1800Sによるもので、2002年3月27日、米・ニューヨークにあるタイムズスクエアのNBCスタジオで記録した。

(最も長い自動車)
世界で最も長い自動車はジェイ・オーバーグ(米)が設計したもの。長さは30.5m、26個のタイヤがついており、飛び込み台付きのプールやキングサイズのウォーターベッドなどが装備されている。

2005/11/14

人気はスイーツ系の2文字
●核家族や都会の一人暮らしが増え、癒しを求める人が増えたせいか、犬、猫、ウサギなどのペットと暮らす人が増えている。ペットとスムーズなコミュニケーションを図る第一歩は名前を付けることだが、それではペットにどのような名前を付けているのだろうか。動物健保を運営している『アニコム』によると、犬の名前の動物ランキング(2005年10月20日現在、1才未満)のトップ10は@チョコ、Aモモ、Bマロン、Cサクラ、Dハナ、Eココ、Fリン、Gナナ、Hソラ、Iモカ…で、チョコ、マロン、モカなどのスイーツ系や2文字の名前が多かった。なお、名前が2文字なのは、呼びやすく音の響きも良いためだ。

古典的な呼び名は死語に
●それでは、猫はどうか。2月10日現在の名前トップ10はモモ、レオ、ミー、サクラ、チビ、ミミ、ナナ、マロン、クロ、ココ…の順で、犬でも人気だったモモ、サクラ、ナナ、マロンがランクインしている。また、ウサギのトップ5(2004年9月10日現在)は、モモ、ハナ、ミミ、ウサコ、マロン…の順で、犬や猫とダブる名前が多かった。また、最近はポチ、コロ、タマなどの古典的な名前は鳴りを潜めているようだ。

時代を映す子供の名前
●それでは、人間の子供名前はどうか。2004年生まれの人気トップ10は、男の子が蓮、颯太、翔太、拓海、大翔、颯、翔、優斗、陸、翼、女の子はさくら、美咲、凛、陽菜、七海、未来、花音、結衣、百花、ひなた(百花とひなたは同順位)の順で、男の子には『夫、男、雄』、女の子には『子』のつく名前はトップ10にランクインしなかった。

名字(苗字)のルーツ
●日本で一番の多い名字(苗字)は佐藤、ついで鈴木、高橋、田中、渡辺、伊藤、山本、中村、小林、加藤、吉田の順だ。そもそも名字のルーツだが、荘園制度によって土地を所有した名主は、土地の所有を表明するため、土地に自分の名をつけ、所有地を名田と称したところから始まる。名主から分かれて独立すると、有地の字名(あざな)を家名とする風習が生まれ、この家名を名字とよび、広大な領域を持った者をのちに大名と呼んだ。苗字は平安時代に子孫繁栄を期待して、吉祥を意味する文字を選んで家名とする風習が生まれ、これがのちに苗字と呼ばれる語源になった。氏姓制度の時代では、氏と姓を称することで社会的地位や政治的権力を示すことが出来たが、大化以後は、姓制の改正が行われたり、特定の氏(源平藤橘)が権力を独占するようになると、姓本来の意味は失われていった。


2005/11/07

鍋料理を大別すると…
●冬の料理のご馳走として定着した鍋料理だが、大別すると@水煮タイプ、A薄味で煮るタイプ、B濃い味で煮るタイプ…になる。@の水煮タイプは、『ちり鍋』、『水炊き』、『湯豆腐』のように水、または出しで煮て、鍋の入れた具材を取り分けてポン酢などの入った器に入れて食べることが多い。Aの『薄味で煮るタイプ』は『おでん』、『寄せ鍋』、『ちゃんこ鍋』のように、薄味で煮て、具材と煮汁の両方を楽しむものだ。また、Bの『濃い味で煮るタイプ』は、『すき焼き』のように汁気を少なくし、濃い味で煮るもので、いずれもどの時代にどれが流行ったというものではなく、以前から炊事場で行われていた調理法である。

世界の鍋料理は?
●日本料理だけではなく、鍋料理といわれるものは世界中に存在する。代表的なものは

・フォクオシュイチャオ(中国)…『フォクオ』(火鍋)は、日本のしゃぶしゃぶ鍋のような形の銅鍋で、『シュイチャオ』は水餃子。日本の雑煮のように、新年の幕開けを祝う料理として知られる。

・チゲ(韓国)…日本でも焼き肉屋などで食べることの出来るおお馴染み料理。豆腐やタラなど魚介類のチゲなど種類は豊富だ。味付けのベースは、コチジャン(トウガラシ味噌)、チョッカル(アミの塩辛)と味噌が多い。

・ブイヤベース(フランス)…フランス地中海地方の代表料理。サフランの香りを利かせたスープで魚介類や野菜を煮込む。にんにくと卵黄にオリーブオイルを加えたフランス風『アイヨリソース』を添えて食べる。

・フォンデュ(スイス)…チーズフォンデュは、チーズを煮込んだなかに串に刺したパンにからめて食べる。オイルフォンデュは専用の鍋に油を熱し、肉を揚げて食べる『串揚げ』のようなものだ。

・ポトフ(フランス)…ポトフは『火にかけた鍋』の意味。肉や野菜を煮るという点ではまさに鍋物だが、実際には『美味しいスープ』をとることが第一目的で、スープと具材を別々にして食べる日本の鍋物とは性格を異にする。

おでん人気ナンバー1は?
●このシーズンになると、各コンビニの店先にはおでんの鍋が置かれ、この匂いにつられて、ついフラフラとおでんを求める人が少なくない。おでん種のトップメーカー紀文食品が調査したおでんの人気トップ10は、@だいこん。A玉子、Bこんにゃく、C餅入り巾着、Dさつま揚げ、E竹輪、F厚揚げ、Gじゃがいも、H牛すじ、Iはんぺん…の順だった。ただし、子供に限ると1位玉子、2位だいこん、3位餅入り巾着の順。

2005/10/31

家庭での鍋料理の歴史は浅い
●寒くなると、家庭の食卓では家族みんなが鍋を囲む姿が見受けられるが、この見慣れた日本人の食の光景が一般的になったのは、それほど新しいことではない。というのも、身分制度が厳格だった時代では、夫と妻、親と子の間でさえも食事の場所や献立が別々で、『鍋』をつっつきながら、家族揃って食事をすることなどは出来なかったからだ。また、『鍋』は古来より神聖なものとされていたため、その鍋を直接箸で汚す行為もタブーだった。

家光の時代に初登場
●鍋料理が文献に初めて登場したのは徳川家光が第三代将軍として、権勢を振るっていた1643年(寛永20年)刊の『料理物語』。その書によると、野菜を味噌の上で煮て、食卓ではなく、炊事場で鍋ごと出したらしい。そのころは前述したように、鍋を食卓に出すのはタブーだったから、かなり画期的だったといって良いだろう。しかし、熱いものを熱く食べたいという素朴な願望が出てきて、七輪、火鉢に鍋を掛け、材料を煮ながら食べる『小鍋仕立て』と呼ばれる料理方法の普及により、料理店で湯豆腐、どじょう鍋が登場した。江戸時代後期には、桜鍋(馬肉)、紅葉鍋(鹿肉)、牡丹鍋(猪肉)などを食べるのが江戸通人のファッションだったことを示す文献も残っている。

明治初めに牛鍋が流行

●江戸時代には、まだ鍋料理は深川や吉原などの色町の料理店などに限定されていたが、1869年(明治2年)に東京市中に『牛鍋屋』が相次いで開店、庶民も食べるようになった。そういう意味では、鍋料理が大衆に認知されたのは明治初期といって良いだろう。

東京おでん、大阪水炊きが人気
●ミツカンが東京、大阪の主婦を対象に行った『家庭における鍋料理のトレンド』によると、2003年9月から2004年2月の6ヵ月間に、ほぼ全ての家庭(99%)で最低1回は鍋料理を実施、“実施率”が一番高かったのはおでん(85%)だった。また、6ヵ月間の鍋料理の食卓への登場回数は東京で17.1回、大阪は21.1回、平均21.1回で、大阪は東京より4回も多かった。また“実施回数”のトップ3は『水炊き』、『寄せ鍋』、『おでん』の順で、地域別では、東京は『おでん』(2.8回)、大阪は『水炊き』(4.7回)だった。また、3ヵ月間(11月から2月)に食卓に登場した鍋料理のメニューは5.4種類だった。鍋料理には曜日特性があり、全般的に休日に鍋料理を実施する家庭が多い。休日に登場するのは『しゃぶしゃぶ』、『すき焼き』、平日は『おでん』、『湯豆腐』が多かった。

2005/10/24

ガソリン節約しないと火の車
●地区によって違うが、ガソリン価格が1リットル130円前後まで上昇して、ドライバーの間で節約意識が高まっている。ガソリンが同100円の時代には、1週間に50リットル給油しても世帯の年間購入量は26万円だったのに、同130円になると33万8,000円に達し、7万8,000円も増える計算だ。ただでさえ、家計は苦しいのに、年間7万8,000円の負担増は家計を火の車にするため、ガソリン価格高騰はマイカー族にとって由々しき問題だ。そこで、ネットや新聞などの情報をベースにガソリン節約術を紹介しよう。

運転テクニックでカバー
●ガソリンを節約するポイントの一つに、『発信、停止といった基本的なドライビングテクニックを駆使して燃費を抑える』を挙げることが出来る。具体的なコツは、@発進は一呼吸おいて徐々にアクセルを踏み込む、A状況をよく見てアクセルを一定させて走行、B停止位置を予測し、早めにアクセルから足を離す、C5秒以上の停止はアイドリングをストップする、Dエアコンのスイッチをこまめに切る…ことらしい。運転テクニックとガソリンの無駄遣いの関係を具体的にいうと、エンジンをかけて急発進した場合は1.3円、急加速10回で13円、エンジンをかけたまま、駐車場で空車待ち10分で26円の無駄遣いになるというから節約運転を心がけたい。

小さな心がけを積み重ねる
●その他のガソリン節約法をアットランダムに紹介しよう。まずは、荷物は出来るだけ少なくすることだ。というのも、荷物は載せれば載せただけ、車全体が重くなり、燃費が悪くなるからだ。ドライバーのなかには、ゴルフバッグをトランクに入れたままにしている人が少なくないが、それだと月に27円も多くガソリンを食うことになる。無用な荷物はなるべく降ろして走った方が燃費向上になる。また、ガソリン価格で、最近は『満タンで!!』という人が少なくなったようだが、実はこれもガソリン節約術の一つだ。燃料が満タンよりもタンクに半分程度の方が荷物と同じで、車も軽くなり燃費が良くなる。燃費の問題ではないが、自分が運転しなければならない道を、迷わないように予習しておくことも大事だ。道に迷って20分うろうろするだけで90円分近くのガソリンを余計に使うことになるからだ。地理オンチを自称する人なら、最新のカーナビを買ったほうがガソリンの節約になることは間違いない。ガソリンの節約はいきなり出来るものではない。ダイエットのように地道に続けることが必要で、小さな心がけの積み重ねになる。

広告の世界一
(最大の広告板)
世界最大の広告板は高さ23.7m、長さ132mで表面積は3,128.4平方メートル、重さは2トンある。この広告板はメガプロファイル社(英)のもので、英ウェットミッドランドのバーミンガム近く、M6自動車道路脇にあるフォートダンロップの斜面に設置されている。

(最も長い列車広告)
1998年5月11日、南アフリカ放送が新しく開始した第2チャンネルの宣伝のため、長さ268.2m、面積1,072.19平方メートルの広告板が、南アフリカ・ハウテン州の都市の間を結ぶ列車の側面に取り付けられた。

(最大のイルミネーション看板)
米ネバダ州ラスベガスにあるヒルトンホテルの看板は、長さ60m、高さ10mあり、1万6,000ワット分のランプでライトアップされる。

(最も短いテレビCM)
世界一短いテレビCMは60分の1秒。マッチミュージック(カナダのテレビチャンネル)の宣伝をするものだった。

2005/10/17

キノコは“樹の子”と同じ意味
●秋真っ盛りとなり、キノコ狩りに最適な季節になった。日本は温暖で湿潤な気候に恵まれているため、国土が狭いながら樹木だけでも1,000種類を超えている。ちなみに、樹木の数は欧州全体で見られる樹木の種数に匹敵しているとか。樹木が多いためだろうか、 日本はキノコの種類も豊富だ。“キノコ”は“樹の子”と同意で、樹木が多ければそれだけキノコが多く発生することになる。つまり、キノコが多く発生することと樹木の種類の豊富なこととは無関係ではない。

正確な数が把握出来ない
●樹の多い日本、それでは日本にキノコは何種類くらい発生しているのだろうか。残念ながら、キノコの研究が遅れているため、正確な数は把握出来ない。植物学的に“種”としての特徴が乏しい菌類は採集及び飼育が困難なものが多く、しかも詳しく観察するには顕微鏡を必要とするなど多くの問題があるため、どうしても研究が遅れてしまう。現在、品種名が付けられたものは約1,500種ほどあるが、実際はこの2〜3倍はあると見られている。図鑑に載っていない名無しの品種や発見されていないのも含めると、日本にキノコの種類がどれだけあるか判らないというのが実情だ。

成人病対策に有効
●キノコの一般成分は野菜類に似ているが、一言でいえば、『食物繊維、ビタミンB類、ビタミンD?、ミネラルなどの栄養素を豊富に含んだ低カロリー食品』といえる。日本食品成分表によると、乾シイタケの食物繊維の含有率は40%強で、乾燥重量当たり換算ではだいこんやネギよりもはるかに多い。従って、キノコ類を食べると便通が良くなり、成人病の予防効果もあると考えられる。また、キノコにはミネラルのカリウムが多いので、塩分の過剰摂取の抑制が期待出来る。この他にも、タンパク質や質や脂質が比較的多いのもキノコの栄養学的な特徴といえる。

日光当てればビタミンD?増加 
●もう少し、キノコの栄養成分について触れよう。シイタケはビタミンD?の宝庫だが、食用きのこ類の多くはビタミンD?のベースになる物質エルゴステロールを含んでいる。日光をあてるとエルゴステロールはビタミンD2に化ける。例えば、乾シイタケのビタミンD?含有量は通常100グラム当たり20マイクログラム)以下だが、日光に2時間当てるだけで数十倍に跳ね上がる。一度増えたビタミンD?はなかなか分解せず、乾シイタケを冷蔵庫内で保存して半年経っても含有量はほぼ同じというから驚いてしまう。



2005/10/10

仏大統領の公用車は菜種燃料
●原油価格の高騰で、ガソリンからエタノール及びバイオディーゼルへの転用が進み、各国首脳も国策として推進し始めた。フランスのシラク大統領は自身が所有する『シトロエンC6サルーン』はもちろん、多くの公用車をバイオディーゼル燃料仕様に切り替えたことを明らかにした。大統領官邸の給油ポンプも『代替燃料』専用に切り替えたが、シラク大統領が使っているのは菜種から抽出したバイオディーゼルで、公用車の半数が同じものを使っているとか。フランスは欧州最大の農業大国で、『2010年までに欧州で最大のバイオ燃料生産国となる計画を発表し、全燃料消費量の7%を代替燃料にする』ことを目標としている。バイオディーゼルだけでなく、ビートや穀物からもエタノールを生産しており、シラク大統領の心意気がどこまでフランス国民に浸透するか注目したい。

トナカイ死亡の賠償金

●デンマーク空軍の広報担当者、モーテン・ジェンセン氏によると、『同国でサンタ・クロース役のプロと称されるニッカノフ氏は、彼の農場でトナカイが草を食べている真上をF−16戦闘機が爆音を轟かせて飛行したため、その音にトナカイがびっくりして死亡した』と空軍に苦情を申し入れた。デンマーク空軍は、『トナカイが死亡したのは、軍に責任があり、賠償金を支払わなければならない』とコメント。さらに今回以外のケースでも、『戦闘機の爆音で動物が死亡した場合は、空軍はきちんと賠償金を支払っている』と付け加えた。

虹の色の数は国によって違う
●雨上がりの虹を見ると、その美しさについつい見とれてしまう。昔から虹の色は7色と相場が決まっているが、読者は全部答えることが出来るだろうか。虹の7色は、外側から赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の順というように、日本では浸透している。しかし、米国では赤・橙・黄・緑・青・紫の6色という人が多い。米国で、科学的には虹の色は7色であるが、一般人は6色とする文化が拡がっているらしい。ちなみに、英国では米国同様6色、ドイツでは赤・黄・緑・青・紫の5色というのが通説だが、これに驚いてはいけない。何と、南アフリカのショナ語を話す地域では虹が3色、リベリアのバサ語を話す地域では2色だという。科学的に7色の虹が6色や2色と答えるのは、虹の色が赤から紫まで正確に7色に分かれているのではなく、連続的に色が変化しているため、見方の違いが生じるからだ。つまり、代表的な色を取り上げて答えるので2色という極端な答えが出てくる。


珍しいスポーツの世界一
(蹄鉄投げの最多優勝)
蹄鉄投げ選手権男子部門の最多優勝は、テッド・アレン(米)の10回。1933〜1935年、1940年、1946年、1953年、1955〜1957年、1959年に優勝した(1936〜1939年は大会が開催されず)。

(8時間で最も多くの羊毛を刈り取った記録)
ニュージーランドのヘイデン・テフヤーは、1999年12月、18日、世界羊毛刈り記録委員会のルールに従い、8時間でオスのヒツジ495頭の毛を刈った。

(のぼった階段の最長垂直距離)
1994年2月20日、米オハイオ州コロンバスで、ラッセル・ギル(米)はローズステート・オフィスタワーの835段の階段を9時間16分24秒かけて35回のぼった(段数の合計は4万4,255段)。これを垂直距離で表すと8,141.8mになる。

(最も長く4本の指でぶらさがった記録)
2001年12月5日、ホセ・アントニオ・ブルシオ・エンリケ(スペイン)は、指をバーにかけて体を持ち上げ、片手2本ずつ計4本の指で2分1秒の間、ぶらさがった。

2005/10/3

愛知万博の経済効果

●愛・地球博(愛知万博)が半年間の開催期間を終えて、9月25日に閉幕した。開催前は、愛知万博の認知度が低く、成功を危惧する声があったものの、入場者数は当初目標の1,500万人を700万人上回る2,200万人、入場券収入も当初目標の425億円を150億円も上回る575億円以上の見込みという大成功を収めた。民間調査機関の共立総合研究所によると、愛知、岐阜、三重の東海3県の経済効果は1兆2,800億円にのぼるという。大成功の秘密は『中部国際空港』と『第二東名道路』の建設というが、残された2つの財産をうまく活用出来るかどうかが、今後の中部経済好調持続のカギを握っていることは間違いない。

大阪万博は6,400万人が入場

●愛知万博が開催される35年前の大阪万博をご存知の人は多いはずだ。1970年3月14日から9月13日まで行われ、愛知万博の約3倍にあたる6,421万人が訪れた。当時の入場料は大人800円、青年割引600円(15〜22歳)、子供400円(4〜14歳)で、愛知万博の大人4,600円、中人2,500円(12〜18歳)、子供1,500円(4〜12歳)、シニア3,700円(65歳以上)に比べ、かなり安かった。なお、前述した以外に日本で行われた過去の万博来場者数は、沖縄海洋博349万人(1975年)、筑波科学博(1985年)2,033万人、大阪花博(1990年)2,312万人だから、大阪万博の入場者数がいかに膨大だったかがうかがい知れる。

日本初参加は1873年

●通常、“万博”といっている『国際博覧会』は、『国際博覧会条約』に基づいて正式に博覧会事務局に登録又は認定されたもので、過去日本で開催された万博は、パリに本部を持つ博覧会事務局に登録されている。また、国際博覧会条約によれば、国際博覧会とは『2ヵ国以上の国が参加した、公衆の教育を主たる催しであって、文明の必要とするものに応ずるために人類が利用することの出来る手段又は人類の活動の一もしくは二以上の部門において達成された進歩もしくはそれらの部門における将来の展望を示すものをいう』と定義されている。しかし、現在は万博の意義を踏まえたうえで娯楽性が高まっているように見える。記念すべき第一回万博は1851年にロンドンで行われ、1867年のパリ万博に日本が初めて参加した。時代を映して、徳川幕府、薩摩藩、鍋島藩が参加、徳川幕府は蝶の標本を出展した。日本政府としての初参加は1873年のウィーン万博で、神社と日本庭園と名古屋城の金のシャチホコが展示された。

2005/9/19

サンマに大根おろしは必需品
●サンマの塩焼きにいつも寄り添っているのが大根おろしだ。よくよく考えれば、サバやイワシなどの焼き魚には大根おろしが添えられている。大根おろしは消化を助けるジアスターゼが豊富で、本当の理由は魚を焼いた時に発生する発ガン性物質・ベンツピレンを体外へ排出させる作用があるからで、焼き魚には大根おろしが必需品といえる。また、焼きなすを生姜醤油で食べるのにも理由がある。体を冷やすなすに対して生姜は温める働きがあり、冷え症の人でも安心して焼きなすを食べることが出来るというものだ。『大豆と昆布の煮物』もベストカップル。大豆はごく微量ながら、体内のタンパク質消化酵素の働きを阻害する成分が含まれているが、その悪い成分を分解するのが昆布などの海草に含まれているヨウ素なのだ。同様に、豆腐とわかめの味噌汁、ひじきと油揚げの煮物やお寿司の納豆巻きなど、海藻類と大豆製品も理にかなった組み合わせといえる。

ウナギを刺し身で食べない理由
●魚好きの日本人が刺身で食べないのがウナギだ。ウナギと姿が似ているアナゴを生で食べることが出来るのに、なぜ、ウナギを生で食べないのだろうか。実は、ウナギにもフグと同じように毒があるからだ。フグの毒は卵巣や肝臓などにあり、その部分を避ければフグ刺しで一杯という楽しみがあるが、ウナギの毒は血液中に含まれており、毒を避けるのは不可能だ。ウナギが持っている毒は『イクシオトキシン』で、この毒が目に入ると一日中痛く、結膜炎を発症し、傷口に入れば炎症を起こす。また、口から入った場合は吐き気や中毒症状を引き起こす。体重15キロほどの犬にウナギの血清を0.5グラム注入するだけで痙攣が始まり、やがて呼吸困難になるという。しかし、『イクシオトキシン』は熱に弱く、火を通せば毒性を失うため、蒲焼きが主流になるわけだ。

魚は身だけでもカルシウム豊富
●魚はカルシウムが豊富だが、それにはメザシやシシャモなどを骨ごと食べなければならないと思っている人は少なくない。確かに、魚を骨ごと丸かじりした方がカルシウムの摂取量は多くなるが、骨から身を外してもカルシウムを多く摂取することは出来る。その理由は、魚の身には想像以上に多くのカルシウムが含まれているからだ。魚の身には人間が感じることの出来ない、ごくごく小さな小骨が入っており、これがカルシウム源になる。ちなみに、100グラム中のカルシウム含有量は、真イワシ=70mg、サンマ=75mg、牛肉=4mgで、肉より魚の方が、カルシウムが豊富に含まれている。


印刷物の世界一
(最もよく売れて広く読まれている本)
世界で最も売れ、最も広く行き渡っている本は聖書。正確な数字は判っていないが、聖書協会の調べでは1815〜1975年に約25億部が印刷されているとのことだが、最近の推測ではその数は50億部になっているともいわれている。

(最もよく売れた作家)
著書が世界一売れた作家は、アガサ・クリスティ(英)。78冊の推理小説は44ヵ国語に翻訳され、推定20億部が売れた。また、彼女はメアリー・ウェストマコットというペンネームで19の戯曲と6冊のロマンス小説を書いている。彼女の著書の年間著作権料は、推定で数百万ドル(数億円)になる。

(最も多く翻訳された文書)
悲惨な第二次世界大戦に対する反省から新しく組織された国際連合が1948年に発表した『世界人権宣言』は6枚の文書から成り、アブハーズ語からズールー語まで、321の言語と方言に翻訳されている。

2005/9/12

旬のサンマの見分け方
●秋の味覚といえばサンマ(秋刀魚)、この季節になるとスーパーマーケットの魚売り場では銀色に輝くサンマが山積みに置かれている。今が旬のサンマ、まずは美味しいサンマの見分け方を紹介しよう。サンマの旬は、脂がタップリ乗った産卵前の9月〜11月だ。もちろん、生の方が冷凍ものより格段に美味しいに決まっている。新鮮で美味しいのは、@尾のつけ根の部分が黄色い、A背中が厚い、B頭を持つとピンと立つ、C全体に光沢がある、Dお腹がしっかりしていて張りがある…で、目が濁っているものや、腹を触って軟らかいもの、トレイに汁が溜まっているものは鮮度が良くないので、購入するのを避けた方が良いだろう。旬のものをおいしく食べるには素材選びが肝要だ。

栄養豊富で安価なサンマ
●サンマを食べると頭が良くなるという声が聞かれる。また、『サンマが出回ると“あんま”が引っ込む』という諺もある。サンマはタンパク質、ビタミンA、ビタミンD、カルシウムが豊富で、“頭が良くなる”という不飽和脂肪酸DHA(ドコサヘキエン酸)はイワシやアジより多いそうだ。DHAは@脳の発達を良くする、A記憶力を高める、B認知症(痴呆症)を改善する、C中性脂肪を減らす、D血栓を出来にくくする、Eガン や炎症にも効果がある…などの働きがあるが、サンマ1匹あれば、    1日に必要なDHA摂取量0.7gを上回る1グラムを摂取出来る。また、サンマにはタウリンが多く含まれているのも魅力だ。タウリンは疲労を回復する効果があるとともに、コレステロールを減らす作用がある。安いうえに栄養価タップリの旬のサンマ、もりもり食べれば健康を維持出来ること請け合いだ。

『秋刀魚』の呼び名は新しい
●サンマは漢字で書くと『秋刀魚』になり、秋の魚というイメージが沸く。しかし、もともとは、『狭真魚(さまな)』だったのが変化したようだ。サンマは“ダツ目”の魚で、その仲間にはサヨリやトビウオがいる。このため、昔はサンマとサヨリの区別がされていなかったといわれる。これが証拠に、江戸時代後期の1831年(天保2年)に発行された『魚鑑』(武井周作薯)では、『サンマは秋から冬にかけて房総沿岸でとれて、薄塩にして売る。京都ではサヨリと呼ばれる』   と書いてあった。また、夏目漱石の『我輩は猫である』には、主人公の猫が『“三馬”を盗んで…』との記述があり、1894年までは“三摩”と記載され、1898年ごろから『秋刀魚』になっている。サンマが秋刀魚に落ち着いたのは、そう古い話ではない。

2005/9/5

“月見”の日は?
●9月といえば月見を連想する人が多い。『月見』とは、その名の通り、月を眺め鑑賞することだが、もう少し詳しくいうと、旧暦の8月十五夜及び9月の十三夜に月を鑑賞することを指す。そして、前者を中秋の名月、後者を後の月と呼んでいる。月見の季節は、天候が不安定な夏場から安定した秋になると、大気が澄みわたり、月を鑑賞するのに適しているためで、秋に月見の習慣が定着したのは必然といえる。月見にススキと団子をお供えすることが一般的だが、収穫祭として芋を供えるため、『芋名月』とも呼ばれる。なお、現在は太陰暦ではなく、太陽暦が利用されているため、中秋の名月の日は毎年月日が変わる。

満ち欠けに合わせ名も変わる
●月は地上から毎日満ち欠けを繰り返しているように見え、呼び名もさまざまだ。三日月、上弦、十三夜、十五夜、 十 六夜、立待月、居待月、寝待月、更待月、下弦などがある。聞きなれない呼び名を簡単に説明すると、立待月は十七夜の月で、特に陰暦8月17日を指す場合がある。日没後、立って待っているうちに月が昇ることからそう呼ばれた。また、寝待月は十九夜の月で、『寝て待つ』という意味、月が昇るのが遅いためこう呼ばれた。更待月は二十夜の月、二十日月(はつかづき)とも呼ばれている。夜が更けるころに昇ってくるため更待月の名がついた。月の満ち欠けに合わせた月の名、古人がどんなに月に魅せられていたかが理解出来る。

月と地球の距離は?
●月が地平線近くにある場合は大きく見え、天空では小さく見える。もちろん、実際に月が大きくなったり縮んだりするわけではない。錯覚が月を大きく見せたり小さく見せたりさせるといわれるが、よくよく調べると、実際に月が大きく見えたり小さく見えたりして当然だ。というのも、月は地球を約1ヵ月かけて回っているが、この軌道は正確な円を描いていないからだ。具体的には、月と地球の距離が近い時は、35万6,400キロ、遠い時は40万万6,700キロもあり、実際に画像にすると大きな差があるとか。ところで、日本では古くから、『月でウサギが餅をついている』と言われるが、外国ではどうなのだろうか。中国では『大きなカニ』、西洋では『女性の横顔』というのが一般的で、その他には『ロバ』、『ワニ』、『ガマ』、『本を読む老人』、『怪人』、『怪物』、『二宮金次郎』などがある。月が何に見えるかは、まるで心理学検査で利用されるロールシャッハ試験のようなもので、それらを類型化出来れば、新たな性格検査の方法が発見出来るかも知れない。

2005/8/22

夏バテのメカニズム
●8月もあと10日間を残すだけになった。関東地方は40度近い異常酷暑が連日続いた昨年に比べて気温は低いが、それでも夏は夏、暑さでバテたり、冷房で体の調子が悪いという人はさぞかし多いことだろう。夏バテは、気温が高く身体のエネルギー消費が大きくなっている状態で、食欲不振や不眠症状などによって引き起こされる。また、発汗によって体内のミネラルが失われるため、体調を崩しやすくなる。単なる夏バテと油断は禁物だ。というのも、夏バテがキッカケで深刻な病気にかかることがあるからだ。そうならないように、栄養価の高い食品をバランスよく摂って、ぐっすりと眠ることが肝心だ。

ビタミンB1を意識して摂る
●夏バテを栄養学的な角度から見ると、ビタミンB1不足が主な原因だ。このビタミンが不足すると、@疲れやすい、A食欲がない、B手足がむくむ、C夕方近くになると足がパンパンにむくむ、D夜寝ている時に足がつる、E昼間にボーっとして眠たくなり、動きが鈍くなる…などの症状が出る。気温の上昇に伴って、体内でのビタミンB?の消費スピードが速くなり、気温が35度の時には15度の時に比べて、約3倍の量が消費されるという。そのように見ると、夏はビタミンB?が含まれている食品を、他の季節より多めに摂取することが夏バテ防止の対抗策といって良いだろう。

豚肉が夏バテ防止に最適
●夏バテの克服に必要なビタミンB?が多く含まれる食品は豚肉だ。夏バテを克服するためには、エネルギー源となる糖質もしっかり摂って、それを燃焼させるために、ビタミンB?が豊富な豚肉を意識して食することを薦めたい。ただし、たくさんの豚肉を遅い時間に食べ過ぎると消化吸収する際に体温が上がるので、たくさん豚肉を食べたいならランチが最適だ。

豚肉がダメなら野菜がある
●夏バテに効果抜群なのが夏野菜だ。特に、お薦めなのは、@枝豆(過剰な熱エネルギーを冷まし、体内にたまった余分な水分を排泄する)、Aトマト(頭がボーっとしている時に意識をハッキリさせる)、Bきゅうり(体内に生じた余分な熱を冷まし調整し、熱を通して食べると利尿効果を発揮する)、Cトウモロコシ(胃腸を丈夫にし、元気をつける働きがあり、食欲が出ない時にピッタリ)…などで、カリウムが多く、熱を冷まし、利尿効果のあるスイカも夏バテ防止に効果を発揮する。なお、足がほてってなかなか眠れない場合には、きゅうりの切り口で足の裏をこすると、清涼感が得られ、眠りやすくなる。


2005/8/15

コーヒーでもカフェインレス!?
●お茶やコーヒーはカフェインがたっぷり入った飲み物というイメージがあるが、最近はカフェインレス(カフェインが入っていない)商品が出回っている。それでは、どのようにして、カフェインを取り除くのだろうか。実は、緑茶やコーヒーに含まれるカフェインは水に溶けやすい性質がある。その性質を利用して、緑茶は茶葉をお湯に通して、カフェインを減少させる。ちなみに、日本茶は新芽が多い高級茶ほどカフェインの含有量が多く、番茶は少なくなるという。一方、コーヒーは、豆の段階で水に浸し、カフェインを溶け出させる製法を用いている。もちろん、インスタントコーヒーも同様の方法を用いている。

缶と瓶ビールの味の違い
●夏になり、ビールが美味いシーズン、屋内では瓶、アウトドアでは缶というようにTPOに応じて、容器を切り替えている人がいるが、果たして味はどう違うのか。ビールメーカーによると、実は、瓶も缶も中身は同じだ。容器によって味が違うと感じるのは、缶ビールは口をつけて飲むことが多いからかも知れない。また、味が違うと思われる理由は、ビールはジョッキやグラスに注ぐと、液体中の炭酸ガスが適度に逃げると同時に泡が出来るためだ。泡はビールが空気と触れ合って酸化したり、炭酸ガスが逃げるのを防ぐ遮断機の役割を持っている。そのため、ビールそのものの味が損なわれない。なお、直接口をつけて飲む缶ビールは、炭酸ガスが逃げないため、舌を刺激するようなガス圧を強く感じることがある。

〒マークは間違いから始まった
●『T』の上に一本棒を乗せると、御馴染みの『〒』のマークになる。実は、最初は『〒』が郵便のマークではなかった。1887年(明治20年)2月に、逓信省(旧郵政省、現在は総務省に統合)の頭文字『T』をとって、逓信省の記章に

することが決定した。しかし、『T』は、外国では郵便料金の不足を表す記号に使われていることが判って、役人が10日後に、『Tと発表したが、印刷の誤りで、本当は〒だった』と苦しい弁明をし、あらためて『〒』に決定した歴史があった。

酒屋に三河屋が多い理由
●酒屋に三河屋が多いという定説があるが、その理由はなぜだろう。江戸時代に、両替問屋から薪炭商問屋まで同業組合を10個に分け、

これを『十組問屋』と呼び、このなかには、酒や味噌、醤油などを扱う組合があった。この組合に属した人たちは、たまたま三河(愛知県)の出身者が多かったことから、『三河屋』と名乗ったことが、酒屋に『三河屋』の多い理由だ。




遊びの世界一


(最大規模の金魚すくい)
最大の金魚すくいは、6万匹の金魚と1万5,000匹のメダカが入る、長さ100.8mの水槽を使って行われた。これは2002年8月4日、神奈川県藤沢市にある商店街組合の藤沢銀座土曜会の田中正明氏が用意したもの。

(最大のサックレース競技)
2002年10月11日、最大のサックレース(穀物を入れる袋に両足を入れて飛び跳ねて進む競技)がオランダのズウォレで2,095人が参加して行われた。

(最も長い間続けられた文通でのチェス対戦)
南アフリカのラインハルト・ストラザカーとヘンドリック・ローロフ・フォン・ヒュッスティーンは、1946年に最初の文通でのチェスを行った。その後、1999年10月13日にストラザカーが亡くなるまで、53年以上もチェスの試合は続けられた。

(最も大人数での馬飛び)
最も大人数の馬飛びは2002年12月4日、オーストラリア・ビクトリア州で地元の小中高生675人によって行われた。
2005/8/8

地震、雷、火事、台風が正解
●『地震、雷、火事、親父』は怖いものの代名詞だが、最近では父親の威厳がなくなり、『親父』を怖いものから外した方が良いのでは…との声が聞こえてくる。しかし、この語源をたどると、もともとは『親父』ではなく『山嵐』(やまじ)。山嵐は台風をさしており、本来は『地震、雷、火事、台風』だった。よくよく考えてみれば、地震と雷は天災、火事は災難で、『親父』がこの格言に含まれていること自体がおかしい。

雷は神のお告げ
●ところで、最近、千葉で雷の事故に遭って亡くなられた方がいるが、そもそも雷とは何だろう。まず、雷の語源だが、『神鳴り』が雷に転じたとのいうのが通説で、雷鳴は神のお告げと古代は信じられていた。ユダヤ教の聖典『旧約聖書』に書かれている『雷』も『神の声』という意味から派生しており、天空で大きな音を鳴らしながら光る雷は、世界中で『神がかり』的な存在だった。

雷にへそをとられない腹掛け
●恐らく、年配の人には記憶があると思うが、子供たちは雷が鳴る夏場には丸の中に『金』と書かれた腹掛けをさせられたものだ。親からはきっと、『雷にへそをとられるぞ』とハヤされて腹掛けをいやいやさせられたのかも知れないが、ここにも生活の知恵が活かされている。つまり、雷雨は上空から冷たい空気を運んでくるため、裸でいると子供は体が冷えてしまうので、腹掛けをさせたということだ。

金太郎は雷が父親
●腹掛けに書かれている『金』は坂田金時の幼少名・金太郎の『金』を意味している。元禄年間(1688〜1704)頃に成立した偽軍記物語『前太平記』によると、金太郎は山姥の子だ。つまり、山姥が夢の中で赤竜と交わり、雷鳴が鳴り響いて目覚めると子を孕んでいたとされている。つまり、金太郎は雷が父ということになる。これは作者の創作ではなく、何らかの伝承が基になっている。

雷避けの呪文の真相
●雷から見を守るおまじないに『くわばら、くわばら』があるが、なぜ、『くわばら』なのだろうか。その根拠は、藤原氏の陰謀で京都から遠く九州・大宰府に追いやられた菅原道真の領地が桑原だったことに由来している。菅原道真の死後、藤原一族は非業の死を遂げる者が多く、京都では落雷があるたびに、菅原道真が雷になって復讐をしているといわれた。そこで、京都の人々は藤原氏の巻き添えを食って雷に当たらないように、菅原道真の領地である桑原(くわばら)の名を唱えた。なお、桑原の場所は大阪府和泉市ないしは兵庫県三田市という説がある。


2005/7/25

寒天ブームに火がつく
●『痩せる!』、雑誌やテレビの殺し文句が寒天ブームに火をつけて、冬の寒さを利用して作る『棒寒天』が品薄に陥っている。空前の寒天ブームで、今年用に作った2,000万本の棒寒天は品切れ状態となり、年間を通じて生産出来る『粉寒天』も伊豆七島や愛媛、長崎など国内産地の価格が暴騰し、チリやアルゼンチン、モロッコ、スペインなどから海藻や現地工場で生産している『粉寒天』を輸入せざるを得ない状態だ。それでは、ここまで寒天を品薄にさせた魅力とは何なのかを検証しよう。

寒天とゼラチンは別物
●寒天の原料はテングサやオゴノリという海藻類。それらを加熱して溶かし、不純物を取り除き固めたものがトコロテンで、トコロテンを乾燥させたものが寒天だ。ちなみに、ゼラチンを寒天と誤解している人が少なくないが、ゼラチンは動物性食品であり、植物性食品である寒天とは異なる。寒天は90℃以上で溶けて、40℃付近で急速に凝固する。

便秘解消に抜群の効果
●寒天には何と81.2%の食物繊維が含まれている。植物繊維がタップリといわれている食品の食物繊維含有率は、ヒジキ54.9%、干シイタケ  43.4%、アオノリ38.6%、インゲン豆19.7%で、寒天から食物繊維を摂ることがいかに効率が良いかが判る。なお、食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がある。前者は腸内で善玉菌の栄養となり善玉菌を増やすことによって、腸内環境を整えて排便を促す働きがある。後者は多量の水分を吸収したまま腸壁を刺激し、腸のぜん動運動を活発化させ、便の水分量を高めて軟らかくし、排泄させる働きがある。寒天は水溶性と不溶性の性質の両方を兼ね備える優れた食品といえる。

こんなにある寒天の効果

●寒天がダイエットに向くのはカロリーゼロに近い食材である点だ。寒天の食物繊維は消化吸収されず、水分を保ったまま胃や腸をゆっくり移動するため、満腹感を保ったままカロリーを抑えてくれる。また、寒天は、@血糖値を低下させる、Aコレステロール値が減少する、B脂肪燃焼効果が期待出来る、C基礎代謝がアップする…といった特徴がある。ちなみに毎食前に寒天1〜1.5グラム(トコロテン1パック150g)を2週間摂り続けたところ、最も効果があった人で体重が2.8キロ、血圧が(87〜148)から(82〜128)に、総コレステロール値が258から196に、体脂肪率が2.2%、血糖値が111から82に減少したという驚くべきデータがある。

2005/7/18

地域で違う台風の呼び名
●ハリケーン『デニス』が米国で猛威を奮い、日本近海では台風5号が発生した。これから秋にかけて、台風やハリケーンのニュースが新聞、テレビで報道されるケースが多くなっている。ところで、世界各地で発生する台風は、地域を問わず同一の熱帯低気圧の気象現象に分類出来るが、その呼び方は国によって異なる。例えば、日本を含む北西太平洋・アジアでは台風(typhoon)、米国などの北中米ではハリケーン(hurricane)、その他の地域ではサイクロン(cyclone)と呼ばれている。そこで、改めて,台風に関連する用語を整理してみた。

サイクロンは台風全般を示す
●そもそも、サイクロンは、低気圧を指すもっとも一般的な用語だ。従って、台風もそれ以外の低気圧も、すべてサイクロンに分類出来る。渦の方向は北半球と南半球で逆方向になるが、本質的な特徴は北半球と南半球ともに共通している。トロピカル・サイクロンになると、熱帯低気圧、つまり一般には熱帯地方に発生する種類の低気圧を指す。ちなみに、『熱帯』は、発生する場所を指す用語ではなく、サイクロンの構造を指す用語で、それがどこで発生しようが、熱帯低気圧の構造をもつものはすべてトロピカル・サイクロンに分類される。台風やハリケーンなどは、すべて『強い』トロピカル・サイクロンと理解出来る。また、エクストラトロピカル・サイクロンは温帯低気圧、用語通りに解釈すれば熱帯外の低気圧を指し、日本付近を通過する低気圧はほとんどこのタイプになる。これまでの解説から判るように、『サイクロン』は、もともと総称的な意味をもつ用語で、台風(トロピカル・サイクロン)を示す用語が存在しない場合には、インド洋、南西太平洋、豪州周辺で『サイクロン』をそのまま使っている。

台風とハリケーンの境界線
●台風は北西太平洋に位置するトロピカル・サイクロンを指す。台風の分類は中心付近の最大風速を基準とするが、日本基準の『台風』と国際基準の『typhoon』とでは、正確な定義が異なる。なお、世界のトロピカル・サイクロンの中でも『台風』は発生数が最も多く勢力も大きい。一方、ハリケーンは北部大西洋・北東太平洋・南東太平洋に位置するトロピカル・サイクロンを指す。ハリケーンにも台風同様の国際的な分類基準が適用される。なお、北東太平洋に位置するハリケーンが東経180度を超えて、『台風』の地域に越境してきた場合には、台風と呼ばれることになります。つまり、東経180度の線が台風とハリケーンの境界線になるわけだ。

昆虫の世界一
(最も速いイモムシ)
ウコンノメイガの幼虫は、丸く車輪のようになって転がり、秒速38.1cm(時速約1.4km)で進むことが出来る。

(最も破壊的な昆虫)
最も破壊力を持っている昆虫は、アフリカ、中東、西アジアの乾燥及び半乾燥地域に生息するサバクトビバッタ。体長は4.5〜6cmだが、毎日、自分の体重と同じだけの餌を食べる。およそ5,000万匹で500人の人間を1年間養える食料をたった1日で食べてしまう。
(最も危険なアリ)

最も危険なアリは、オーストラリアに生息するキバハアリの一種。このアリは獲物に何度も針を刺し、その度に毒液を注ぎ込む。刺されると人間の大人でも15分以内に死んでしまう。

(最も力の強いクモ)
カリフォルニアトタテグモは、はねあげ戸(地下にある巣穴の入り口を覆うふた)を開けられそうになると、自分の体重の38倍の力に対しても抵抗出来る。これは体重82kgの人間が、小型ジェット機並みの重さで引っ張られてもドアを開けさせないのと同じ強さだ。

2005/7/11

すし、寿司、寿司のどれが正解?
●博報堂生活総合研究所が実施した首都圏と阪神圏の『好きな料理』のトップは双方ともすしだった。そこで、今週号ではすしを話題にしよう。すし屋の看板を見ると、『すし』、『寿司』、『鮨』の3種類が使われているが、どれがホントなのだろうか。実は『寿司』も『鮨』も元来は当て字で、ひらがなの『すし』が正解のようだ。『すし』の語源は、『酢』を混ぜた飯、『酢飯』に由来している。いつの間にか、『め』が消えて、『すし』になった。なお、『寿司』は寿に司ると言う文字がとても縁起が良いので使われてきた。また、『鮨』は魚が旨いという意味で作られた言葉だ。

握りずしの数え方のルーツは?
●握りずしの数え方にカン(貫)がある。カンは戦前から使われてきたが、その本当の理由は明らかではない。江戸時代の小銭の大きさと、当時の握り寿司一個の大きさが同じくらいで、通貨の呼び方『貫』がルーツという説と、イクラやウニの軍艦巻きの『艦』がルーツだという説があるが、真相は明らかではない。実際、寛永通宝などカンの付く古銭は多いことは確かで、古銭説がやや軍配が挙がっているように思える。

すし1カンのカロリーは?
●すしは、一人前(10カン)が500kcl前後で、ダイエットに最適なご馳走といえるがネタや大きさによって異なってくる。カロリーの小さい順にまとめたので参考にしていただきたい。

・35kcl…アワビ、タコ、甘エビ、
・40kcl…ヒラメ、青柳、数の子、赤貝、エビ
・45kcl…サヨリ、ホタテ、シャコ、ウニ、タイ
・50kcl…マグロ(赤身)、アジ、小肌、イクラ、かっぱ巻
・60kcl…イワシ、穴子、マグロ(中とろ)、ハマチ、サバ、カツオ、玉子
・70kcl…マグロ(大とろ)、鉄火巻
・80kcl…かんぴょう巻 

旬のネタを知ろう

●すしの楽しみは旬の魚を食べることだが、どの魚が現在旬なのか、知っておきたいものだ。
・春…マダイ、シラウオ、スミイカ、サヨリ、シャコ、トリガイ、アマエビ、ホタルイカ 
・夏…カツオ、キハダマグロ、マアジ、スズキ、アワビ、ウニ、タチウオ、アナゴ、ヒラマサ 
・秋…サバ、サンマ、マイワシ、カンパチ、カレイ、コハダ、アカガイ、マダコ、メバチマグロ 
・冬…ホンマグロ、ブリ、ヒラメ、フグ、カワハギ、ヤリイカ、カニ、カレイ、キンメダイ、アラ
 地方によって旬のネタが違ってくるので、職人さんに尋ねよう。   

2005/7/4

甘味の世界一
(最大の棒付きキャンディー)
2002年6月25日、カナダ・オンタリオ州にあるハーシー工場で重さ1,821.63kgのサクランボ味の棒付きキャンディーが作られた。キャンディーの厚さは48cm、直径は159.5cm、棒を含めた長さは483.8cmだった。

(最大のアイスクリームボート)
ボート型の器に入ったアイスクリームボートで最も大きいものは、2001年8月25日にスウェーデンのシアガラス社が作った594.5kg。材料は、135kgのクリーム、74kgの砂糖、72kgのイチゴクリーム、54kgのチョコレート、252kgの牛乳、7.5kgのウエハースとビスケットだった。

(最大のミルクシェイク)
米国のコンフォートダイナース、パルラマットUSA、アメリカ酪農組合は、2000年8月1日、ニューヨークで2万2,712リットルの世界最大のミルクシェイクを作った。このシェイクは、バニラにチョコレートシロップを入れるという伝統的なニューヨーク式だった。

2005/6/27

健康増進法の狙いは?
●平成14年7月26日に健康増進法が参議院で可決され、同15年5月1日より施行されたのが健康増進法だ。健康増進法の目的(第1条)は、『この法律は、我が国における急速な高齢化の進展及び疾病構造の変化に伴い、国民の健康の増進の重要性が著しく増大していることにかんがみ、国民の健康の増進の総合的な推進に関し基本的な事項を定めるとともに、国民の栄養の改善その他の国民の健康の増進を図るための措置を講じ、もって国民保健の向上を図ることを目的とする』というもので、第2条(国民の債務)では『国民は、健康な生活習慣の重要性に対する関心と理解を深め、生涯にわたって、自らの健康状態を自覚するとともに、健康の増進に努めなければならない』とうたっている。健康増進法の目玉は受動喫煙の防止で、公共施設や人の集まる場所での分煙が推進されたが、心無い喫煙家のおかげで、この法律は半ば有名無実化しており、実効性の見直しが図られる時機といえる。

有害物質が多いタバコの煙
●受動喫煙はタバコを吸わない人が、自分の意志とは関係なく他人のタバコの煙を吸わされることで、『不本意喫煙』いわれている。タバコの煙は、本人が吸っている“主流煙”と火のついた部分から立ち上がる“副流煙”があり、米国教育福祉省によると、有害物質は主流煙より副流煙の方が高い濃度で含まれている。つまり、タバコを吸っている喫煙家よりも、自分の意思とは関係なく喫煙家の煙を無理やり肺に押し込まれている嫌煙家の健康を損ねる恐れがあるというから、国民の健康を維持して国益を守るという前提に立てば、受動喫煙の防止は当然だろう。

胎児も受動喫煙の被害受ける
●タバコで問題なのは、煙のなかに含まれる有害物質だ。喫煙者は吸い込む主流煙は燃焼温度の高い部分で発生し、フィルターを通すので有害物質の濃度は低いが、火のついたタバコの先から出る副流煙は燃焼温度が低いため、主流煙に比べて副流煙が高いという。ちなみに、タバコに含まれる有害物質の主流煙に対する副流煙の含有量は米国健康教育福祉省によると、ニコチン2.8倍、ナフチルアミン(膀胱発ガン物質)39倍、カドミウム(発がん性物質・肺気腫)3.6倍、ベンツピレン(発ガン物質)3.9倍、ニトロアミン(強力な発ガン物質)52倍、アンモニア(粘膜刺激、毒性)46倍…で、いかに非喫煙者が喫煙者から被害を受けているかが理解出来よう。ちなみに、妊婦の喫煙は胎児に大きな影響を与え、低体重児や早産の原因になると見られている。

2005/6/20

身体の世界一・2
(最も長く続いたくしゃみ)
最も長い間くしゃみをし続けたのは、ダナ・グリフィス(英)。彼女は1981年1月13日にくしゃみをし始め、最初の365日間に約100万回のくしゃみをした。くしゃみの出ない日を迎えたのは978日後の1983年9月16日だった。

(最もうるさいいびき)
スウェーデンのカレ・ウォルカートは睡眠時無呼吸症候群を患い、1993年5月24日に93dBのいびきの最高音量を記録。

(最も長い昏睡状態)
エレイン・エスポジト(米)は、6歳だった1941年8月6日に盲腸の手術を受けてから、意識を回復することなく、1978年11月25日に43歳と357日で死亡。37年と111日間、昏睡状態だった。

(最も長く心臓が止まっていた記録)
心臓が最も長く停止していたのは、猟師のヤン・エギル・レフスダー(ノルウェー)の4時間。1987年12月7日に船から落ちて病院に運ばれた時は、体温が24度まで低下、心臓は停止していた。

2005/6/13

クール・ビズってなんだ
●『省エネルック』に代わる夏の新ビジネススタイルの愛称が“COOLBIZ”(クール・ビズ)だ。この名称の由来は、環境省が音頭をとって、『夏の冷房温度を28度に設定して、職場で涼しく、しかも効率的にファッショナブルに働くことが出来るイメージ』が判りやすく表現されたものだ。ちなみに、一般公募した約3,200点から選ばれたのが“クール・ビズ”である。ご想像通り、“クール”の涼しい、ビジネスを省略した“ビズ”が合わさって“クール・ビズ”になった。テレビや新聞で、国会議員や財界人、そして芸能人のノー・ジャケット、ノー・ネクタイ姿が放映されるが、日頃、ファッションに関心のない中高年のクール・ビズ姿は正直いって、板についていない。地球の温暖化に寄与するにしても、少しはスマートに着こなして欲しいとの声も聞こえる。

クール・ビズ効果は1,000億円
●ある社会現象が起こると、必ず経済効果という見出しが新聞に躍る。“クール・ビズ”も例外ではなく、第一生命経済研究所も『4〜6月期のGDP(国民総生産)を前期比で0.05%程度押し上げる効果が期待出来る』という試算を発表した。内閣府の推計や大手百貨店などへの聞き取り調査をベースに試算したものだが、ネクタイや上着を着用しない軽装の導入により、衣料品購入のための支出が1人当たり約2万円から4万円当たり増えると仮定している。28度の室温でも快適な軽装を予定している自治体や企業は全体の12.3%で、これらの従業員や職員がクール・ビズを実行すると、夏物衣類に関連する製造業や小売業を含めて約1,008億円の売り上げ増加につながるとしている。

冷房器具の省エネの決め手
●クール・ビズも結構だが、基本的には個人が冷房器具の省エネ対策を実行出来るかどうかの方が重要だ。冷房器具の機種によって、電力が違うので、まずは省エネ型のエアコンを購入するのが手っ取り早いが、新製品を買えないのなら、まずはクーラーの温度を1〜3度上げて、扇風機で空気をかき混ぜることだ。冷たい空気は比重が重く、床付近に冷たい空気が停滞する。その結果、部屋の上下で暖かい空気と冷たい空気の分離層が出来て、エアコンのサーモは上の暖かい空気を冷やそうとして、必要以上に稼動してしまう。つまり、分離層を作らないように、扇風機で空気をかき回せば、一発でそのような不都合は解消出来る。ちなみに、温度を1度下げると、8畳用クーラー(消費電力が1.7KW)で5時間使用した場合、10%電気代が節約出来るといわれている。

2005/6/6

時の記念日は旧暦の4月25日
●6月10日は『時の記念日』。それでは、6月10日が『時の記念日』なのはなぜだろうか。日本書紀の記述によれば、『天智天皇の10年4月25日(671年)に初めて、漏刻を新しい台に設置して鐘鼓を鳴らして時を告げた』とある。ちなみに、漏刻は水時計のことで、天智天皇が中大兄皇子だった660年に発明したと伝えられている。4月25日を太陽暦に直すと西暦671年6月10日になるため、1920年(大正9年)に生活改善同盟会が、この日を『時の記念日』に制定した。

なぜ、1日が24時間?
●1日は24時間であることは誰もが知っている。そして、そのルーツは紀元前1300年頃のエジプトの日時計によるもの。当時、日中を10分割、宵を2分割、夜を12分割、合わせて24分割した。東洋では、1日を12分割した“時法”が用いられていたが、エジプトでは24分割され、これが国際標準になった。なお、1時間が60分、1分が60秒である理由は、紀元前300〜100年のバビロニアの計算方法にまで遡る。すなわち、60という整数は2、3、4、5、6、10の倍数であり、とても使い勝手が良いため、60進数が採用されていたことが現代でも踏襲されたというわけだ。

原子時計が正確な時間を刻む
●それでは1秒の長さは何で決まるのか。単純に考えれば、1日は24時間60分60秒=8万6,400秒だから、1秒は8万6,400分の1になるはずで、実際に1951年までは、そのように定義されていた。しかし、地球の自転誤差が発見されると、1956年に国際度量衡委員会は太陽年の3,155万6,925.9747分の1という判りにくい定義を設定した。ちなみに、1秒はセシウム133という元素の基底近くの或る2準位間の放射の91億9,263万1,770倍と定義されている。なお、日本の標準時は、数10万年に1 秒しかずれないセシウム原子時計10台を使用して、正しい時間を提供している。     

時計の名の由来は土圭
●時計の語源は、『時を計る』に由来していると思っている人が少なくない。これも時計の語源の一つと考えられているが、中国・周の時代(紀元前1046〜同776年)に用いられた緯度測定器『土圭』の当て字というのが通説だ。棒を立て、その影の長さを測るものが粘土で出来ていたので『土圭』と呼んでいた。日本では『とけい』の音に反応して、土圭、斗鶏、自鳴鐘、時計、斗景などの単語をあてていた。ちなみに、文献によると、『土圭』は8尺の板を地面に立てて日影を測る日時計だった。


身体の世界一
(最も少ない心拍数)
安静にしている時の心拍数の最少記録は28bpm(1分当たりの心拍数)で、1995年に自転車選手のミギュエル・インデュライン(スペイン)が記録。一般の平均は66〜72bpm、スポーツ選手の大半は40bpmほど。インデュラインは肺活量が8リットルあった。

(最も高い体温)
ウィリー・ジョーンズ(米)は、1980年7月10日に心臓発作を起こして入院、体温が46.5度あったが、24日後に退院した。ちなみに同日の気温は32.2度、湿度は44%だった。

(最も低い体温)
体温の最低記録は14.2度(直腸内の温度)で、1994年2月23日に2歳のカーリー・コソロフスキー(カナダ)で測定された。彼女は誤って家の外に閉め出され、6時間も気温−22度のところにいた。

(最も長く続いたしゃっくり)
チャールズ・オズボーン(米)は1922年、食用豚を殺す前に豚の体重を計ろうとした時にしゃっくりを始め、68年後の1990年2月のある朝までしゃっくりを続けた。

2005/5/23

日本初のビールは横浜から
●日本で初めてビールを造ったのは、ドイツ人から醸造技術を学んだ米国人・ウィリアム・コープランド氏だ。コープランド氏は、横浜・山手の天沼という池から湧水が出ることを知って、『スプリング・ヴァレー・ブルワリー』を開設、日本に駐在している外国人のためにビール製造を始めた。この日本初の国産ビールは外国人だけでなく、日本人にも『天沼ビール』の名で人気を集めた。山手通りにかけての坂は『ビアザケ通り』と呼ばれ、ビール発祥の記念碑が建っている。

大豆と枝豆はベストカップル

●『ビールに枝豆』、お似合いの取り合わせだが、医学的にも申し分はない。問題はビールの飲み方だ。ビールは空腹時の方がより胃壁に吸収されやすいため、基本的には飲む前に何か入れておくのが望ましい。というのも、空腹の胃にビールを一気に流し込めば、酔いが回りやすく、悪酔いの原因にもなりかねないからだ。ちなみに、枝豆は黄大豆の未熟果を収穫したもので、タンパク質、脂質、ビタミンB群、ビタミンC、リン、カルシウムなどの豊富な栄養を含んでいる。特に、ビタミンCはミカンに匹敵するくらい豊富だ。ビールと枝豆の相性は、味覚面だけでなく、偏りがちな栄養面を補う意味でも抜群なのである。もちろん、枝豆と同じ仲間の大豆から作られる豆腐などの料理もビールと相性ばっちりだ。

ビールにお奨めのおつまみ
●『酒を飲む前にコップ1杯の牛乳を飲め』、これも昔から悪酔いしないための方法の一つだ。というのも、コップ1杯の牛乳は、胃壁に脂肪膜を作ってアルコールから保護し、急激な吸収を防ぐ効果があるからだ。1杯の牛乳は、悪酔いは絶対に許されない状況に陥った時の常識といって良いだろう。牛乳の仲間であるチーズなどの乳製品も飲む前に食べると効果は抜群である。また、造血作用を促し肝機能に働くビタミンB類を多く含む食品も推奨したい。ちなみに、ビタミンB類を多く含む食品は、ピーマンやニラなどの緑黄色野菜、しいたけなどで、レバニラ炒めや煮物などは酒飲みに恰好のメニューといえよう。また、にんにくやゴマも動脈硬化の予防に効果を発揮するので意識して食べることを薦めたい。それでも、飲み過ぎて気持ちが悪くなってしまった時の対処法は、200ccの水に塩を15グラムほど入れて、しっかり溶かして飲むことだ。しばらくすると、楽に吐くことが出来、胃もスッキリ。しかし、食塩水を飲むのは最後の手段。当たり前のことだが、飲み過ぎずに適量を守るのが、酒と付き合う最善策だ。



同時挑戦の世界一

(最も多くの人が同時に雪に人型をつけた記録)
2002年3月23日、米国のノースダコタ州ビスマークにあるキャピタル・モールの構内で、1,791人が一斉に雪に全身のあとをつけた。

(最大規模の犬の散歩)
2002年4月20日、3,117匹の犬たちが、米テキサス州オースティンにあるオースティン高校から5.5kmに及ぶマイティ・テキサス・ドッグウォークに参加した。
(最も多くの人が一斉にブーブークッションに座った記録)
2002年1月15日に、英・バーミンガムの国際コンベンションセンターでウォーカーズ社(英)の全社員982名が、同時にブーブークッションに座った。

(最も多くの人が同時に歯磨きをした記録)
2001年2月3日、米カリフォルニア州・ユバシティー高校で、2,883人が一斉に1分間、歯磨きをした。

(最も多くの人が同時に樹を植えた記録)
2000年10月15日、マレーシア全土の152ヵ所で1万人が11万0,461万本の樹を一斉に植えた。

2005/5/16

ビールの起源はメソポタミア
●汗ばむような陽気になると、ビールが恋しくなる人は少なくない。そのビール、実は紀元前4000年以上も前から飲まれていた。世界四代文明の発祥地であるメソポタミアで、人類が農耕生活を始めたとされる頃、放置したままの麦のお粥に酵母が入り込み、自然発酵したものがビールの起源とされている。ちなみに、紀元前3000年頃にメソポタミアのシュメール人が残した『モニュマン・ブルー』と呼ばれる粘土の板碑に、当時のビールの製法が描かれている。この地区は気温が高く、生水が飲用に適さなかったこともあり、水代わりに飲まれていたらしい。また、紀元前1830年頃の古代バビロニアでは、労働賃金の一部がビールで支払われたという記録がある。農業労働者は一日1リットル、王様の土地で働く者は同3リットル、上級役人や学者は5リットルが与えられたとか。

修道院とウィルヘルム4世
●ビールが盛んに造られるようになったのは中世のヨーロッパ。『ビールは液体のパン』、『パンはキリストの肉』という考えを背景に、キリスト教の修道士がビールを盛んに造るようになった。修道士が造ったビールは高品質で、次第に醸造量も増えて、広く一般の人にも飲まれるようになった。また、現在のビールの源流は16世紀前半に遡ることが出来る。1516年、ドイツ・バイエルン地方の君主だったウィルヘルム4世は、『大麦とホップと水以外を用いて、ビールを醸造してはならない』という内容の『ビール純粋令』を施行した。これで、ビールの味が格段に良くなり、その後のドイツビールの価値を大きく高めることになる。なお、ビールが大量販売されるようになったのは、産業革命で製造及び保存技術が飛躍的に発展してからだ。

18世紀後半にビールが日本に
●日本にビールがもたらされたのは18世紀後半。江戸で盛んになった蘭学により、ビールが紹介された。ちなみに、日本語の『ビール』はオランダ語に由来すると考えられている。鎖国時代に西欧文化の唯一の窓口となったオランダから日本にビールがもたらされ、杉田玄白などの蘭学者たちが、ビールの試飲や試作をしたと伝えられている。また、19世紀に入って、黒船が来航した時にビールが徳川幕府に贈られたという記録も残っている。その後、明治新政府が欧米文化を知るために岩倉具視を中心とした使節団は約2年にわたって西洋を視察し、欧州のビールについても克明に調査したが、それでも、日本人にとってビールは未知の飲み物で、普及までには長い年月を要した。

2005/5/2

ことわざは民間予報と同意
●最新技術を駆使した天気予報よりも、場合によっては民間の天気予報の方が的中度の高い場合がある。天気のことわざもある種の民間予報といって良いだろう。以下は主な天気のことわざだ。どちらかというと、天気のことわざは雨を連想させるものが多い。

『朝焼けは雨』、『朝霧は日中雨』、『ありの行列をみたら雨』、『鐘の音が良く聞こえると雨』、『櫛が通りにくい時は雨』、『煙がまっすぐ立ち上ると晴れ、なびくと雨』、『猫が顔を洗うと雨』、『蝉が鳴きやむと雨』、『日笠、月笠は雨の兆し』、『山が近く見えれば雨が降る』、『山が青く見えると晴れ、白く見えると雨』、『富士山がかさをかぶれば雨』、『星がちらちらすると雨』、『トビが高く飛ぶと晴れ、低く飛ぶと雨』、『魚が水面に出て呼吸していると雨』、『クモは大風が吹く前に巣をたたむ』、『午前南風、午後北風なら明日は晴れ』、『三味太鼓の音のにごるのは雨の兆し』、『子ども騒げば雨が降る』。  

予報用語は日常語と違う
●大型連休の時には、いつもより天気予報に神経質になる。せめて、レジャーを楽しむ日だけでも、雨が降って欲しくないというのが人情で、ついつい“てるてる坊主”などを窓側につるしたくなる。ところで、何気なく耳にしている天気予報だが、正しく区別出来ない用語が少なくない。例えば、『今日』と『明日』、『一時』と『ときどき』などがそれだ。まず、『今日』と『明日』の違いだが、日常用語では日付が変わるまでが『今日』、24時以降を『明日』というが、予報用語では日の出から日没までの時間を『今日』、翌朝の日の出以降を『明日』という。それなら、日没以降の予報はどうなのだろうか。『今夜から明日にかけて』は、『今日の日没から明日の日没まで』ということになる。

ややこしい『ときどき』
●それでは、『一時』と『ときどき』の違いは何だろうか。日常的には、『一時』といえば一時期、つまり一回の短い間といった意味だが、予報用語の『一時』は、予報対象時間の4分の1未満を指す。『今日は曇り一時雨』という予報は、仮に今日の日の出から日没までを12時間とすると、3時間未満、雨が降るということになる。 一方、『ときどき』は断続して数回起こったその合計が、予報時間帯の2分の1未満、あるいは連続した4分の1以上2分の1未満を指す。例えば、今日12時間の予報で『ときどき雨』の場合は、降ったりやんだりして降った合計が6時間未満の場合と、3時間以上6時間未満続けて降る場合の2つのケースがある。予報用語の『ときどき』の意味を聞くと、余計に紛らわしくなる。


旅の世界一
(車椅子での最も長い旅)
カナダのリック・ハンセンは4大陸・34ヵ国の4万0,075.16kmを車椅子で移動した。1985年3月21日にカナダのブリティッシュコロンビア州バンクーバーを出発し、1987年5月22日に戻ってきた。

(バイクによる最も速い世界一周)
2002年にケビン・サンダースは妻のジュリア(共に米)をバイクに乗せ、世界一周した。バイクによる移動時間は19日と8時間25分だった。

(車による最も長い旅)
スイスのエミールとリリアナ・シュミットはトヨタのランドクルーザーという自動車で、1984年10月16日から56万7,000kmを旅し、135ヵ国を周った。

(一輪車による最も速い米国横断)
日本の松島章は1992年7月10日から8月22日にかけて、一輪車に乗って米国のオレゴン州ニューポートからワシントンD.C.まで、23日間で米国を横断した。

2005/4/18

徳川将軍と初鰹
●『目に青葉 山ほととぎす 初鰹』、これは江戸時代の俳人・山口素堂が詠んだもので、江戸時代の初夏に鰹が一般的に食されていたことを示している。ところが、徳川の将軍様は美味しい鰹を賞味することが出来なかったらしい。将軍の権勢で、初物の白魚や鰹は、将軍に上納した後でしか売ることが許されなかったが、それでは旬の味を嗜んでいたのだろうか。美味しく魚を食べていたどころか、将軍の健康を気遣うばかりに、脂肪を抜いた食材ばかりが供せられ、初鰹は、鰹とは似ても似つかない味になっていたとか。『目黒の秋刀魚』というエピソードがあるが、将軍はあれだけ不味い鰹を食べさせられていたのだから、庶民が日頃食べている秋刀魚がさぞかし美味しかったに違いない。

鰹節の歴史は古いが…
●鰹というと、鰹節を思い出す人がいるに違いない。実は、刺身や“たたき”など生で食べるよりも前に鰹節は存在していた。記録によると、鎌倉時代以前から鰹節はあったのだ。ただし、現在のように、煮てから燻乾し、カビつけしてタンパク質を分解し、アミノ酸をつくって、旨み付けをした鰹節ではなかったらしい。 蒸した後に乾燥させて固めているため、美味しい成分が煮汁に溶けてしまうので、鰹節そのものは美味しくなかったようだ。ちなみに、鰹の語源は、干すと堅くなるため、『堅い魚』が転じて鰹(カツオ)になったとの説がある。ちなみに、現在のような美味しい鰹節の製法が考え出されたのは江戸時代。土佐でカツオの豊漁が続き、処分に困っているところを、紀州の漁師・甚太郎が鰹をワラで燻し、冷やした後にあぶって、これを燻すことで独特の風味を作りだす燻乾法を考案した。更に、土佐・播磨屋の宮尾佐之助が鰹の骨を除き、カビつけをして製法を発達させた。現代人は鎌倉時代以前の人より美味しい鰹節を食べていることになる。

鰹の生臭さを砂糖で消す
●現在、鰹はと土佐づくりが当たり前のようになっている。しかし、江戸時代はもっぱら生の鰹を刺身で食べていたようだ。そのため、脂がタップリ乗った戻り鰹(秋に産卵のために南下するカツオ)よりも、まだ初々しい味のカツオの方が好まれていたらしい。もちろん、初鰹にも特有の生臭さがあり、特別な下仕事が必要になる。あの生臭さを除くために、鰹節とわずかな砂糖を加えた塩水に1〜2時間浸すか、砂糖を加えた醤油に1〜2時間漬けたものをカラシで食べていたようだ。今度、鰹の刺身を食べる時には、昔ながらの食べ方を試すと良いだろう。

2005/4/11
リンゴを食べて認定症を予防
●『毎日1個のリンゴを食べるとアルツハイマー病など認定症(痴呆症)予防に役立つ効果がある』と発表したのは米国と韓国の協同チーム。この効果をより高めるのには、リンゴを皮のまま食べるのが最高だという。日韓の研究チームによると、リンゴには高い抗酸化作用を持つケルセチンが多く含まれる。抗酸化作用物質にはアルツハイマー病の進行や脳細胞の老化などから細胞を守る効果が見られるとされ、リンゴのケルセチンが注目されている。マウスの実験では、抗酸化作用が高いとされるビタミンCより明らかに高い効果が得られただけに、1日1個のリンゴを食べると良いだろう。

自動車が増えて事故が激増
●中国でモータリゼーション化が想像以上のスピードで進行している。中国の乗用車台数は右肩上がりに増えて、過去10年間で5倍以上も増えた。タクシーも同時期に約5倍の90万台近く、道路網も約80%も増えて、高速道路も3万キロを超えた。しかし、どこの国でもそうだったが、モータリゼーションが発達すればするほど大きな問題が出てくる。それは交通事故だ。中国当局の公式発表では一日当たりの死者数は約290人、WHO(世界保健機関)の統計だと2倍以上の680人に達している。死亡事故の原因は『交通マナーが悪い』というものだが、中国の交通事故に伴うコスト負担は125億ドルというから、中国当局も見過ごすわけにはいくまい。

異常気象の思わぬ影響
●2004年は、台風が史上最多の上陸数を記録、酷暑、集中豪雨、大地震の発生など、異常気象づくめの年だったが、その影響が意外なところで出ていた。何と、霧の名所で有名な北海道・摩周湖で、昨年に濃霧が発生したのが10日に1回程度で、湖面が一日中見えた日は、観測史上最高の147日も記録したという。霧が少なかったのは、強力な太平洋高気圧がオホーツク海高気圧から流れ込む冷たい空気の流入を阻み、濃霧の発生を防いだからだ。

サザエさんの視聴率と株価
●サザエさんというと国民的なアニメ番組、その視聴率と株価に連動性があるとのレポートを大和総研が明らかにした。大和総研によると、日曜夕方に放映されている『サザエさん』の26週移動平均視聴率とTOPIX(東証株価指数)の関係を調査したが、視聴率が高いと指数が下落し、低いと上昇する傾向が見られた。株価と連動する根拠は、『サザエさん』を家庭で観ながら夕食を取る家庭が増えると、外食や外出をしないケースが多くなって、不景気を示しているという。


2005/4/4

ゴッホの絵は売れなかった
●3月23日から5月22日まで、東京国立近代美術館で『ゴッホ展』が開催される。ゴッホは世界的に有名な画家の一人で、特に日本人には絶大な人気がある。バブル全盛期には、ゴッホが描いた『ひまわり』が日本人に50億円で買われたが、そのことを一番驚いているのはゴッホ本人だったに違いない。というのも、生前のゴッホは独自の画風が全く理解されず、描いても描いても彼の絵が売れなかったからだ。生前中に売れた絵は『赤いぶどう畑』の1枚だけ、嘘のような本当の話だ。なお、ゴッホ展は、大阪が5月31日から7月18日まで国立国際美術館、名古屋が7月26日から9月25日まで愛知県美術館で開催される。

ゴッホが浮世絵を模写
●ゴッホの絵が日本人に好まれる一因は、彼が日本の浮世絵を学び、その色彩感覚を身に付け、親しみやすさを覚えるからだという説がある。ゴッホは、浮世絵と出会い、明るく濁りない色彩や大胆な構図などの絵画技法を身につけ、独自の作品を作り上げていった。ゴッホは歌川広重の描いた『雨中の大橋』など幾つかの作品を模写したり、自分自身の作品の背景に浮世絵を描いてみたりという具合で、彼自身が少なからず日本に憧れを抱いていたことをうかがい知ることが出来る。

ゴッホが亡くなった真相は?
●巨匠、ビンセント・バン・ゴッホが亡くなったのは1890年7月27日夕刻だった。一般的には、ゴッホの死因はピストル自殺だったと伝えられるが、果たして、それは事実だったのだろうか。ゴッホは亡くなる前々日に、パリ郊外のオヴール・シュルオアーズでピストルを脇腹に発射し、それが致命傷になったことは間違いない。しかし、その原因はゴッホの実弟・テオがオヴール・シュルオアーズからオランダへの引っ越しを考え、ゴッホは何とか翻意させようとして、『ピストル発射事件』を起こしたというのが真相だろう。つまり、ピストルによる自殺を考えていたのではなく、自らの体を傷つけて、テオにオランダに引っ越すのを引き留めさせようとしたわけだ。当時の慣習として、自殺するのに、ピストルを自らに向けるのは口、頭部、心臓だった。ゴッホがピストルの引き金を引いたのは左の脇腹で、単に自らを傷つけるはずだったのが、予想もつかない角度で発射された弾が致命的な位置で止まり、2日後の未明にテオに看取られながら息を引き取った。ゴッホが放ったピストルはもともと、絵を描いている時に、群がってくる鳥を追い払う目的で所有していたものだったというから、まさに不運としかいいようがない。

2005/3/28
ファッションの世界一
(市販されている最もヒールの高い靴)
市販されている靴のなかで最も高いヒールの高い物は、靴底の厚さが27.9cm、ヒールの高さが40.6cmもある『バーティゴ(めまい)』という商品名の靴。レザーワーク・ロンドン社(英)の製品で、価格は725ポンド(13万0,500円)。

(最も大きな革のブーツ)
2001年、パスクァーレ・トラモンターナ(伊)は、大きさ4.16×2.7m、幅80cm、重さ280kgの世界一大きな革のブーツを完成させた。製作費用は2,500万リラ(167万8,485円)かかった。

(最も高価な水着)
英・バークシャー、ウィンザーの宝石商プレストンズが、ダイヤモンド(合計66カラット)を散りばめた12万3,409.90ポンド(2,221万3,782円)の水着を作った。

(最も大きなジーンズ)
リーバイ・ストラウス社(カナダ)が作った世界一大きなジーンズは、長さ28.6m、幅18.8m。重さは約246.3kgで、725平方メートル以上のデニム生地や、3.96mのジッパーなどが使われた。

2005/3/21

北枕は縁起が悪いが体に良い
●北枕は縁起が悪い、昔からよくいわれる。その理由は、お釈迦様が亡くなられた時に、頭を北に向けていたことから、仏教では、人が死ぬと、頭をわざわざ北に向けるようになり、まだ生きている者が北を枕にして寝るのは不吉とされたからだ。しかし、風習と現実は別物、本当は北枕で寝るのは健康に良いとの説がある。地球の磁場の関係から、北に頭を向けて寝るのは、肉体にも精神にも良いといわれ、磁気枕まで登場してくるほどだ。ただし、気持ちも健康の源。縁起が悪いと思う人は、北枕はやめたほうが良いだろう。それなら、今流行の低反発性の枕を買って眠るのがずっと良いかも知れない。

銀座のルーツは京都
●地方の商店街や繁華街には『銀座』という地名が氾濫している。それでは、銀座の本家本元はどこかと尋ねられると『東京・中央区の銀座』と答える人が圧倒的に多いが、ルーツは京都なのだ。そもそも、銀座は『銀貨の鋳造所』を指し、江戸に建てられたのは1612年。それよりも10年早い1601年に京都・伏見に銀座が出来た。京都の『銀座』は静かなたたずまいで、賑やかな東京の『銀座』とは正反対だ。

一気飲みのルーツは乃木大将
●若者たちがコンパで、『一気、一気』と掛け声にあわせて、酒を飲み干す一気飲みのルーツは案外古い。そのルーツは慶応大学の体育会という説もあるが、実際にはすでに明治時代に行われていた。1898年(明治31年)、203高地で有名な乃木希典大将が、『ビールを注げ!』と号令をかけるや、兵隊がいっせいに将校のコップにビールを注ぐ。そして、乃木将軍が『ビールを飲め!』と号令をかけると、将校たちは一気に飲み干し、これを10数回も繰り返したという。最後に残ったのは乃木大将と、もう一人の大将だけ。この過激な儀式を見ると、軍隊で出世するには、どうやら大酒のみでないとダメのようだ。

2斗を飲み込んだ大酒飲み

●乃木大将も真っ青になる稀代の大酒飲みは鯉屋利兵衛という30歳の男性だ。文献によると、1817年(文化14年)3月23日に両国・柳橋で行われた酒合戦で、1斗9升5合を飲んで優勝したという記述がある。ちなみに、1斗は18リットルだから、約36リットルの酒を飲み干した計算だ。その後は、1927年(昭和2年)に埼玉・熊谷に住む男性が1斗2升の酒を飲んで優勝したという記録がある。その時の女性ナンバー1で総合2位の人は9升5合を飲んだというから驚いてしまう。


建設機械の世界一
(最大のブルドーザー)
日本・コマツのD575A(通称スーパードーザー)は重さ152.6トンで、世界最大のブルドーザー。7.4×3.25mの排土板(ブルドーザーの前面についている土などを押し出す板)の容量は69立方メートル。

(最大のダンプカー)
米・バージニア州のリープルヘル鉱業設備会社がつくったT−282は、世界最大の2車軸ダンプカー(長さ14.47m、幅8.7m、高さ7.3m、重さ201トン)で、327tの荷を積むことが出来る。

(最大の積み込み機械)
積み込み機械(車の前にシャベルがついていて、土などをトラックに積み込む機械)で最大のものは重さ26万2,176kgのルトーノーL−2350。40.52立方メートルの容量があるシャベルで、7万2,574kgの重さを持ち上げることが出来る。

(最大の油圧式掘削機)
独・O&K鉱業がつくったRH400−2000油圧式シャベル付掘削機は世界最大の油圧式掘削機。重さ900トン、シャベルの容量は51.7立方メートルで、6掬いで大型ダンプを土一杯にすることが出来る。

2005/3/7

世界的に通用する尺貫法とは
●現在、日本では建前上、『尺貫法』を使用するのは許されず、『メートル法』を使用することになっている。しかし、世界標準の尺貫法がある。それは『匁』(もんめ)だ。『匁』は3.75グラム、その1,000倍が『貫』(かん)になる。実は、『匁』が国際取引で使用されるのは真珠なのだ。その理由は、養殖真珠は日本が特産だからだ。世界のブランド名・MIKIMOTOの創業者、御木本幸吉は『匁』の単位ともに生きている。

北方領土の資産価値は?
●2島返還か、4島返還か、ロシアと揉めているのが北方領土。なかなか日本に返還されないのは、資産価値が想像以上に高いからだ。1939年当時の北方4島の資産価値は2,718万円、これに物価の伸びや産業の伸びを加えると膨大な価値になる。特に、中心産業の漁業は技術革新のおかげで水揚げ高は約10倍に膨らみ、温泉などの観光開発を視野に置くと、1兆円の産業規模はくだらないという。地価も北海道の利尻島並で計算すると4,500億〜1兆円に達する計算。ロシアがそう簡単に手放さない理由がよく判る。

桜の開花を知らせる標本木
●最近、テレビや新聞を見ると河津桜や寒桜の話題が登場する。3月後半ともなると、桜の開花宣言が気になる。ところで、桜の開花宣言はどのように出されるのだろうか。各管区気象台で、開花宣言のための桜の木(標本木)が決められていて、職員が毎日観察をする。東京都には靖国神社に3本の標本木(ソメイヨシノ)があり、このうち2本に5〜7輪の花が咲くと開花宣言を行う。ちなみに、大阪府は大阪城公園(西の丸庭園)、兵庫県が神戸・王子動物園に標本木を植えている。ちなみに満開が宣言されるのは『8分咲き』になった時だ。

『水出し』はウィーンがルーツ
●日本の喫茶店ではウェイターが水を運んでくる。エスプレッソ・コーヒーの本場、フランスやイタリアでは水が運ばれてくるなんて信じられない光景で、海外旅行に出掛けた人は『水出し』は日本独自の習慣と信じて疑わない人が少なくない。しかし、残念ながら、『水出し』のルーツは日本ではなく、オーストリアのウィーンにあるようだ。ウィーンのカフェでは、昔から銀盆に水とコーヒーがセットで出されていた。ウィーンはアルプスに近く、美味しい水が豊富だ。かつての皇帝が自分の領地の井戸を市民に開放していたが、コーヒーと水をセットで出すのは、その時の名残である。ちなみに、名古屋の昔ながらの喫茶店では、コーヒーを注文するとピーナツなどを出す店が多い。

2005/2/28

猫の日は2月22日、犬の日は?
●先週、2月22日は『ニャー・ニャー・ニャー』で、猫の鳴き声をもじって、ペット・フード工業会などが『猫の日』に制定している。それでは、『犬の日』はいつだろうか。『ワン・ワン・ワン』の鳴き声の語呂合わせで、1987年に11月1日が『犬の日』に制定された。ちなみに、犬に関連した記念日は、

4月22日:盲導犬の日、5月13日=愛犬の日、10月10日=アイメイト・デー(東京盲導犬協会が盲人と盲導犬への理解を深める目的で目の愛護デーに合わせて制定した)などだ。

本物はメス、銅像はオス
●上野公園の高台に鎮座しているのが西郷さんこと西郷隆盛の像。まるで犬を連れて散歩しているように見えるが、実際は、西郷さんがウサギ狩りをしている姿を表している。これが証拠に、銅像を見ると、帯の所に脇差と一緒にウサギ取りの罠用の紐を挟んでいる。ちなみに、西郷さんが連れている犬の名はツン、メスの薩摩犬なのに、銅像を作成した時のモデルがオス犬だったため、銅像もオス犬の姿になっている。

ハチ公は生存中に銅像に
●犬の銅像といえば有名なのが、渋谷のシンボル『忠犬ハチ公』だ。ハチ公は飼い主の東大農学部・上野英三郎博士に飼われていた秋田犬、博士が健在の時には玄関先や門の前で上野博士を見送り、時には渋谷駅まで送り迎えすることもあったという。博士が亡くなられた後も渋谷駅で主人を待ち続けていたことから、人々に感銘を与え、1934年(昭和9年)4月21日、渋谷駅前に銅像が建てられ、除幕式にはハチ公も出席している。ただし、この銅像は戦争中に供出され、現在のものは1947(昭和22)年8月に再建されたものだった。

ハチ公は焼き鳥好きの普通犬!?
●忠犬という名が示すとおり、ハチ公は主人一途のイメージを持たれるが、決してそうではなかったらしい。ハチ公が世を去ったのは、銅像が建てられた翌年1935年(昭和10年)で、表向きの死因はフィラリアだった。しかし、解剖の結果、焼き鳥の串が胃に刺さっていた。実は、ハチ公が渋谷駅に出掛ける目的は、主人を迎えに行くのではなく、駅前に出ていた焼き鳥屋目当てだったらしい。酔客から焼き鳥のおこぼれを頂戴するのがハチ公の腹積もりといっても良いが、このような『普通の犬』が忠犬に祭り上げられ、美談になったのは、当時が戦時中で、軍部が『主人に忠義を誓う』という話を殊更に強調して報道したためと推測される。なお、ハチ公は剥製になり、上野の国立記念博物館・動物分類展示フロアに展示されている。

2005/2/21

ダイエットしたいなら宅配業者
●お腹の回りの贅肉を無理なく落とすには、歩くことが良いといわれるが、それでは職業別に見て、一番、歩く職業、歩かない職業とは何だろうか。歩く職業で代表的なのは新聞配達員で、平均で1万2,800歩も歩いている。それより多いのは宅配便の集配担当者で、彼らは何と3万3,000歩、距離にして20キロも歩くとか。同じドライバーでも対照的なのがタクシードライバーで、一日に2,800歩しか歩かない。ちなみに、隠居して自宅にいるご老人が2,800歩というから、タクシーの運転手がいかに歩かないかが判る。

酒はやっぱり『百薬の長』
●『酒は百薬の長』、何だか、酒飲みを弁護するようなことわざだが、適度な酒飲みは酒をたしなまない下戸より長生きするとのデータがある。国立がんセンターなどの調査によると、酒を飲まない人が病気などで死ぬリスクを1とすると、日本酒換算で2日に1合程度飲む人は0.64、毎日1合程度の人は0.87と、下戸よりリスクが低いことが明らかになった。ただし、毎日3合以上飲む人は1.32と、下戸よりもかなりリスクが高く、飲み過ぎは体に悪いことを示している。毎日1合に制限するのは酒飲みにとっては至難の業かも知れない。

お酒を日本酒換算すると…
●酒1合換算、そういわれてもイメージが沸きにくい。そのような不満をお持ちの読者のために、さまざまな種類の酒を日本酒1合換算すると(焼酎1合、ウィスキー=シングル、梅酒200cc、ワイン180cc)、@焼酎25度=1.6、Aビール大瓶=1.0、B同中瓶=0.8、C同小瓶=0.5、D同ロング缶=0.8、E同レギュラー缶=0.5.Fウィスキー0.5、G梅酒=1.0、Hワイン=0.7…に相当する。焼酎は日本酒換算では大きな数値になるが、水割りやお湯割りにして飲めばアルコール数値を下げることが出来る。

缶コーヒーは糖分が多い
●電車のなかで、学生たちが飲料水をガブ飲みする姿をよく見かける。また、風呂上りにスポーツ飲料水を飲んで、体に足りないミネラル分を補給したと安心しきっている人も少なくない。しかし、清涼飲料水、炭酸飲料水、スポーツ飲料水などには単純糖質が大量に含まれており、ガブ飲みは健康を害しかねない。ちなみに、果汁100%のジュースを200cc飲むと砂糖小さじ7杯分摂取することになり、250ccの缶コーヒーではステックシュガー10袋分の砂糖を摂取したのと同じだ。水分を補給するのは、普通の水かお茶が最適、『水を大量に飲むと太る』という風説もあるが、水で脂肪が増えることはない。


航空の世界一
(国内便と国際便の乗客が最も多い空港)
米・ジョージア州アトランタにあるハーツフィールド国際空港は、2001年7,580万人が利用、1年間の乗客数が最も多い空港となった。ただし、この年の乗客数は9月11日に発生した米同時多発テロと不景気の影響で、前年比5.4%減少した。

(国際線の乗客が最も多い航空会社)
国際空港運送協会によると、独・ルフトハンザ空港は、国際線の利用客が最も多い航空会社。2001年、定期便でルフトハンザ空港の国際線を利用した乗客は2,910万人もいた。

(最も貨物の多い空港)
国際空港評議会によると、米・テネシー州にあるメンフィス国際空港は、世界で最も貨物の多い空港。2001年、263万1,000トンの貨物がここで積み降ろしされた。

(飛行機の数が最も多い空港)
2001年の1年間、米・イリノイ州シカゴにあるオヘア国際空港では飛行機による合計90万9,535回の離着陸が行なわれ、利用する飛行機の数が世界位置の空港になった。

2005/2/14

なすのことわざは多い
●なすは、中国がルーツだが、伝統的な野菜であることから、ポピュラーなことわざが多い。

・秋茄子は嫁(よめ)に食わすな…なす(茄子)が一番美味しいといわれているのが秋。秋なすは一番おいしいので、姑(しゅうとめ)が嫁を憎んで食べさせないという説や、なすは体を冷やすので嫁の体を気遣って食べさせない、という説がある。

・師走筍寒茄子(しわすたけのこかんなすび)…師走は12月、寒は小寒から節分までの約30日のことで特に寒い時期だ。タケノコ(筍)の旬は春、なす(茄子)の旬は夏から秋で、昔は今と違って、旬でない冬場に手に入れることが難しかったことから、『望んでも叶わない』の意味になった。

・茄子の花と親の意見は千に一つも仇(あだ)がない…仇は無駄(むだ)と同じ意味。なすの花は必ず実になり、無駄になる花はないのと同じように、親の意見も必ず役に立つという意味になる。

・瓜のつるに茄子は生らぬ…ある原因からは、それ相応の結果しか生まれないの意味。また、血筋は争えないという例えとして、平凡な親から非凡な子は生まれず、子は親に似るという意味にも使う。

健康を意識したことわざ多い
●以下はだいこん、ごぼう、かぼちゃ、なす以外の野菜や野菜以外の農産物のことわざだ。

・鴨が葱を背負って来る…鴨がねぎを背負って向こうからやってくれば、すぐに鴨鍋にして食べることが出来る。幸運な話が何の努力もしないで重なってやってくることのたとえ。『鴨葱』ともいう。

・三里四方の野菜を食べろ…三里四方(半径約12キロ)で栽培された野菜を食べていれば、健康で長生きが出来るという意味。昔から野菜は健康に良いとの認識があったことを示している。

・菜っぱの肥やし…些細な物事をたとえた言葉。平凡な人を『菜っぱの肥やし』、ろくでもない人間を『菜っぱの肥やしにもならない』と例えることが多い。

・にんじんを好む者は色を好む…このにんじんは朝鮮人参をさすが、普通のにんじんも新陳代謝を活発にし、貧血、低血圧、虚弱体質を改善する働きがある。また、にんじんに含まれるビタミンAはガンの発生防止、老化防止、冷え性、貧血などにも効果があるが、好色とどう関係があるか判らない。

・栗よりうまい十三里(じゅうさんり・・・『里』は約3.9キロ。『十三里』は距離ではなくさつまいものことだ。『クリ(九里)』と『より(四里)』を合計すると十三里になるが、江戸から十三里の場所にさつまいもの産地川越があったので、このことわざが出来た。

2005/2/7

巨大な世界一
(最も長い鉛筆)
世界で最も長い鉛筆は、2002年11月、マレーシアのセランゴール州にあるファーバーカステル社マレーシア工場で作られた、長さ19.75m、直径80cm、芯の直径15cmの鉛筆。ちなみに、ファーバーカステル社は独の有名な筆記具メーカー。現在、世界共通になっている鉛筆の芯の固さを表す記号と六角形のデザインは同社が開発した。

(最大のクレヨン)
1997年5月28日、長さ3m、重さ150.6kgの赤いクレヨンが公開された。米フロリダ州・ヒースローにあるディクソン・タイコンデローガ社が宣伝のために作ったもの。

(最大の郵便ポスト)
カナダ郵政公社は2000年12月、同国のブリティッシュコロンビア州バンクーバーの繁華街に5.43×2.64×1.98mの郵便ポストを設置した。

(最大の寝袋)
2002年7月27日、米国のソルトレイクシティでスランバージャック社が7.51×16.52m、重さ79kgの世界最大の寝袋を公開した。

2005/1/31

消化を助けるだいこん
●今回は趣向を変えて、野菜に関連したことわざを紹介しよう。ここで紹介するものは、どれも身近なものばかり。これを見ても、いかに野菜が生活に密着しているかが理解できる。まずはだいこん(大根)から始めよう。

・大根食ったら菜っぱ干せ(ほせ)…だいこんの葉のように捨ててしまうようなものでも、まさかの時に役に立つという意味。ちなみにだいこんの葉にはビタミン類やカルシウムなどの栄養が十分で、スーパーで買うときは葉が沢山ついているものを選びたい。

・大根役者…だいこんはジアスターゼという酵素が含まれ、とても消化が良く、お腹の調子が悪くなる)当たる)ことは滅多にない。このことから、平凡で、当たらない(受けない)役者を『大根役者』と呼ぶようになった。

・大根頭にごぼう尻(じり)…だいこんは頭、ごぼうはお尻(しり)の方が美味しい…という意味。だいこんは先端に近い部分が辛いため、頭の方が甘く感じられる。一方、ごぼうは、お尻の方の組織が軟らかいため、このようなことわざが出来た。

・大根どきの医者要らず…だいこんが収穫される時になると、みんな健康になり、医者が要らなくなるという意味。

連作しても大丈夫なごぼう
●次は同じ根菜類のごぼう、ここからも生活の知恵を感じることが出来る。

・ごぼうの種まきは柿(かき)の葉三枚…柿の木の芽に葉が三枚ほど開いたころにゴボウの種を蒔くと良いとの教え。柿の葉がごぼうの作付に適したタイミングを教えてくれる

・ごぼうを同じ土地に二年作らぬ者は馬鹿(ばか)…農作物は連作すると、病気にかかりやすくなり、収穫量が減ることがある。しかし、ごぼうは続けて連作しても収穫量が減少しないので、このようなことわざが出来たようだ。

女性が大好きなかぼちゃ
●今週のトリはかぼちゃ、ここから女性の味の指向が浮き彫りにされる。

・芝居蒟蒻芋南瓜(しばい・こんにゃく・いも・かぼちゃ)…『芋蛸南瓜』と同意。女性の好きな食べ物を並べた。

・冬至(とうじ)にかぼちゃを食べると風邪をひかない…冬至にかぼちゃを食べ、ゆず湯に入ると風邪をひかない。栄養十分のかぼちゃを食べ、冬に備える先人の知恵だ。

・冬至南瓜に年取らせるな…かぼちゃは栄養を損なわずに保存が利き、野菜の少ない冬には貴重。そのかぼちゃも冬至を過ぎると痛むので年内に食べろという意味。

2005/1/24

なすのルーツは古い
●和食から洋食、中華とどのジャンルの素材として重宝されているのがなすだ。なすはインドが原産地で、日本へは中国から渡来し、8世紀の奈良時代にはすでに栽培されていた。これを証明するのが当時の正倉院文書の『なすを献上した』との記載だ。なお、呼び名は、夏に取れる野菜、“夏の実”が“なすび”となり、最終的に“なす”になったとの説が有力だ。また、すぐに実がなるから『成す』という説もある。ちなみに、なすは“なす科なす属”の一年生作物で、英名では、卵のような姿をしているように見えることから、Eggplantと呼んでいる。

江戸時代に促成栽培!?
●なすのことわざに、『一富士、二鷹、三なすび』、『秋なすび嫁に食わすな』、『師走筍寒茄子』、『なすの花と親の意見は千に一つの無駄はない』といったものがあり、これもなすが庶民に身近な野菜だったことを表している。また、徳川幕府が駿府(今の静岡県)になすの菜園を作り、初夏になると、早飛脚で江戸に送らせていたとの話もあり、促成栽培の走りともいわれている。

中国が世界一の生産国
●FAO(国連食糧農業機関)によると、2003年のなすの世界生産量は2億7,969万トンで、トップ3は@中国(シェア57%)、Aインド(同29%)、Bトルコ(3%)の順。日本は世界4位の生産国で、主産地は高知、栃木、群馬、埼玉、茨城、佐賀、岡山、千葉、山梨、福島などで夏場が旬になる。種類も多く、丸なす、長なす、小丸なす、米なす、長卵形なす、真黒なすなどがあり、京都の賀茂なす、山形の民田なす及び窪田なすなどはブランド品として名が通っている。なお、関東では関西より小型のなすが主流だ。

色が濃いほど美味しい
●美味しいなすを選ぶ方法は、@実に張りがあり、皮がつやつやしてきれいなものが新鮮、Aなすの紫色が濃いものを選ぶ(なすの紺色は日光にあたると濃くなる。色が濃いのは、たくさんの日光にあたった証拠)、Bへたの切り口が新しく、みずみずしいもの(収穫したてを選ぶ)、Cへたのとげがチクチクと痛いくらいのもの(新鮮さの証拠)、D手に持って、ずしりと重いもの(なかの果肉が詰まっている)…などで、見た目より軽く感じるものは敬遠したい。なお、なすはもともと気温が高い場所が原産地で、低温がとても苦手だ。従って、冷やし過ぎには注意したい。また、なすは風に当ると水分が蒸発して、しなびてしまう。水分が抜けるのを防ぐ方法は新聞紙で巻いてから、ポリ袋に入れて冷蔵庫に保管すると良い。

長時間の世界一
(最も長いドラム演奏)
南アフリカのマイケル・マクファーソンは2002年11月28日から30日まで50時間30分に渡ってドラムを叩き続けた。

(最も長いピアノ演奏)
米国のジョン・コントが2002年12月24日から26日まで52時間20分に渡ってピアノを引き続けた。

(最も長い授業)米オレゴン州・セーラムのウィラメット大学で、ダスティン・ビューラーが『米大統領制の歴史と進化』に関する授業を2003年4月25日から27日にかけて51時間44分17秒続けた。

(最も長い映画鑑賞)
南アフリカ・ヨハネスブルクにあるノースゲート・スターキネカー・シネマで行なわれたイベントで、23人が59時間27分かけて32本の映画を見た。

(最も長くサソリと一緒に暮らした記録)
タイのカンチャナ・ケトカウーは2002年9月21日から10月23日までの間、3,000匹のサソリのいる12平方メートルのガラス張りの部屋で生活した。32日間で合計9回刺された。


2005/1/17

白い部分は風邪の特効薬

●ねぎは、白い部分の多い根深ねぎと主に葉からなる葉ねぎとに大別出来るが、栄養分の多いのは葉ねぎだ。葉ねぎには根深ねぎには含まれていないビタミンAやビタミンC、カルシウム、カリウムなどが豊富に含まれるので、汁物に葉ねぎをたっぷり使うことを薦めたい。しかし、根深ねぎも負けてはいない。根深ねぎの白い部分は、風邪の特効薬になる優れものなのだ。白い部分を刻んで熱場を注いで飲めば、発汗が促されて熱を下げてくれるし、酒と一緒に煎じて飲めば、のどの痛みや咳、タンを切る効果が期待出来る。また、葉ねぎ、根深ねぎとも特有の臭いがあるが、これはアリシンという硫化アリルが含まれているためだ。硫化アリルはにんにくやたまねぎにも含まれている成分で、胃液の分泌を良くする作用がある。また、ねぎに含まれる『硫黄化合物』には血栓を出来にくくする成分や糖尿病を予防したり、肝臓の働きを活発にしたりする成分があることも知られている。ちなみに、この『硫黄化合物』はニンニクやたまねぎにも含まれている。このように見ると、ねぎは健康に欠かせない野菜といえる。

ねぎは魚と肉の相性がピッタリ

●ねぎは、鍋物や汁物に欠かせない野菜だが、ねぎの有効な成分を失わないようにすることが大切だ。出来たら、食べる直前にねぎに軽く火を通す程度にとどめると、香りが豊かになり、胃液の分泌を刺激するアリシンの効果も損なわれない。また、ねぎを生で食べる時には、あじやいわしと合わせて“たたき”にすると、生臭さが軽減され、魚のビタミンB1を効率良く摂取出来る。ねぎは肉との相性も抜群で、焼き鳥やバーベキューにするのも良いだろう。

ねぎと鯉との相性が悪い!?

●古くから、ある食べ物を同時に食べると、お腹をこわしたり、食あたりをするといわれている。その代表的なものが『梅干しとウナギ』で、他にも多くの食べ合わせが伝えられている。ねぎについては、平安時代に編纂された日本初の漢和辞典に『ねぎと鯉』の食い合わせについて書かれており、文献に残された食べ合わせでは、これが最も古いとか。しかし、『ねぎと鯉』は他の食べ合わせ同様、医学的な根拠のない迷信である。

栽培期間の長い根深

●ねぎは食べるだけでなく、置くだけでも健康には良いらしい。ねぎ類に含まれる揮発性成分には、鎮痛、健胃、殺菌の作用があるからだ。ネギの切片や、すった汁などを嗅いだり、近くに置いたり、鼻につけたりすると咳、不眠症、鼻づまりに効果があるので、屑になったねぎを上手に活用したい。

新春特集号

鳥から“一”を引くとカラス
●カラスを漢字で書くと『烏』で、『鳥』から横線1本が抜けている。この理由は、カラスを遠くから見ると、真っ黒で目が確認出来ないために一を取り除いたらしい。このカラス、かなり頭の良い鳥で、ボンヤリしていると悪戯に遭ってひどい目にあったりする。カラスの話を続けると、何と生息する場所によって、違う言葉を使用しているとか。従って、地方で捕らえたカラスを東京のカラスの集団に入れると、話が通じずにノイローゼになるというから面白い。また、都会ならではのカラスの話がある。それは、カラスの大好物がマヨネーズであることだ。東京・夢に島に運ばれてくるごみにマヨネーズのプラスチック容器の周りにはカラスが集まり、容器に残っているマヨネーズをなめている姿をよく見る。また、カラスが煙突などに止まっている姿を見かけるが、それは熱気で羽根を乾燥させているためである。 

経験で知ったV字編隊飛行
●鳥が群れを成して飛ぶ姿を見かけたら良く観察して欲しい。群れがVの字編隊を作ることがあるが、

実はこれはかなり高度な航空理論に基づいているらしい。つまり、鳥が羽ばたくと、空気がかき乱されて、後方から上にかけて渦のような流れが出来るが、V字型で編隊を組むと、それぞれの鳥が前から流れてきた過流の上昇気流を受けて必要最小限のエネルギーで飛ぶことが出来るのだ。エネルギー効率は単独飛行より71%以上飛行距離を伸ばすことが出来るらしい。このことを経験と勘で知っている鳥達がV字編隊を組んで飛行することになった。

寝ていても木から落ちない理由
●家で小鳥を飼っていると、文鳥やカナリアなどが眠っている姿を見かけることがある。外に出ると、スズメなどが木の枝に止まって眠っているのも良く見かける光景だ。よくよく考えると、あのような不安定な場所で人間は眠ることは出来ないが、鳥は何も無いように落下せずに眠っていられるのだから不思議でならない。実は、鳥が眠っていながらも木から落ちないのは鳥の足の構造に秘密がある。足の構造が無意識の状態でもしっかりと枝を掴むことが出来るようになっているのだ。鳥が木に止まっている姿を確り観察すると、足が『くの字』に曲がっているのが判る。つまり、足の裏にある腱が上の方に引っ張られ、鳥が意識しなくても勝手に指が曲がって木の枝をしっかりとつかむことが出来るというわけだ。自分の体重をかけて足を曲げている限り、指はしっかりと枝を掴み続けるわけで、鳥は寝ていても木から落ちることなく安眠出来る。


エトセトラ

なぜ、酉(とり)なのか
●酉年(とりどし)の『酉』は、“鶏”や“鳥”という字ではなく、『酉』を使用するが、それはなぜだろうか。そもそも、『酉』は稲を始めとする穀物の結実・収穫を象徴していた。その『酉』が『取り込む』の『取』に転じて『福取り』の神として信仰されるようになったという。『とり』は人に時を報せる有益な動物でもあり、商売などには縁起の良い干支でもあるといわれている。2004年はきな臭いニュースが多かったが、2005年こそは福と富を取り込む良い年になることを祈りたいものだ。

鶏の語源を万葉集で発見
●鶏(にわとり)の語源は古く、万葉集に『庭つ鳥』という言葉が出てくる。『つ』は『の』の意味で、そのまま、“庭の鳥”=鶏の意味になる。雉(きじ)は『野つ鳥』(野の鳥)と言われ、それに対応するのが『庭つ鳥』になる。なお、鶏はキジ科の鳥で、原種は東南アジアにいるセキショクヤケイといわれ、紀元前4000〜5000年頃から飼われていた。わが国では、古事記にも出てくるように古くから、時を告げる生き物として飼われ、卵や肉が一般に食べられるようになったのは江戸時代になってからだ。まさか、時告げ鳥が食用になったとは先人は誰も思うまい。

カクテルはなぜ“Cocktail”
●カクテルは彩りもきれいで、さまざまなリキュールを組み合わせて作る酒で、英語にすると“Cocktail”、直訳すると『鶏の尻尾』になる。それでは、なぜ彩り豊かな酒がカクテルなになったのだろうか。諸説あるが、代表的なものは、@競馬が始まる時に、馬が尾を上げて覚醒状態となるように、飲み物が覚醒効果をもたらす、Aカンペチュ(メキシコ)と言う町の酒場で、バーテンダーがオンドリの尻尾に似た形の木の枝を使ってミクスト・ドリンクを作っていたのを見た英国人が『それは何か?』と聞かれ、枝の呼び方を聞かれたと思ったバーテンダーがとっさに『鶏の尾』と答えた、Bアメリカ独立戦争の時に、ベッチー・フラナガンという未亡人が経営する酒場で出された混合酒が評判となり、ある時、なじみの士官たちが雄鶏持参で彼女の酒場で宴会を開いた時に、尾羽で混合酒を調合した…などが由来になっているが、まだ、どの説が正しいか判断出来ない。

酉の市のルーツは現在の足立区
●酉の市は、11月の酉の日(十二支)を祭日として、浅草の酉の寺(鷲在山長國寺)や各地の鷲神社、大鳥神社で行われる、開運招福・商売繁盛を願う祭りで、江戸時代から続く代表的な年中行事だ。11月の風物詩となった酉の市だが、江戸近郊に位置する花又村(現在の足立区花畑にある大鷲神社)の祭がルーツといわれる。祭の形態は、当初は近在の農民が鎮守である『鷲大明神』に感謝した収穫祭であったと伝えられている。祭りの日、氏子たちは鷲大明神に鶏を奉納し、終わると集まった鶏は浅草の浅草寺まで運び、観音堂前に放してやったといわれる。ちなみに三の酉まである年は火事が多いとの言い伝えがある。
この資料は、取引判断となる情報提供を目的としたものです。
お取引に関する最終決定はお客様ご自身でなさるようにお願い申し上げます。

このページに掲載された記事・画像の無断転載及び無断リンクを禁止します。
すべての著作権は株式会社 商品データ及び情報提供者に帰属します。
株式会社 商品データ
東京都中央区日本橋蠣殻町1−18−1
E‐mail  info@shohin-data.co.jp