2008/12/01

*国際商品3年ぶり安値 NY原油50ドル割れ 銅は高値の4割 実体経済の悪化映す
日本経済新聞11月22日付

*プラチナ、5年半ぶり安値 割安感で投資需要拡大 国内小売価格国際相場下落と円高で 
日本経済新聞11月22日付

* 原油、ひとまず下げ止まりか 冬到来で需要増 ロシアなど減産の公算
日経ヴェリタス11月23日付

*原油・穀物の急落 家計に恩恵薄く ガソリン需要戻らず 食品への反映、まだ先 この4ヵ月で WTI先物1/3 大豆・小麦は1/2
朝日新聞11月25日付

* NY金、800ドル超え 米財政赤字懸念で買い 国内価格も急伸 26年ぶり大幅上昇
日本経済新聞11月26日付

*NY原油 2017年12月物が90ドル超 長期需要増にらみ
日本経済新聞11月26日付

*穀物相場、底堅い動き 新興国の食糧需要、堅調の見方
日本経済新聞11月27日付

2008/11/24

*中国 素材減産広がる 鉄鋼やアルミ 車・家電の需要減
日本経済新聞11月17日付

*商品急落、戸惑う企業 ガソリンや鉄スクラップ、値決めに混乱 景気悪化、価格低下でも需要は回復せず 
日経ヴェリタス11月17日付

* ウィーン金貨、販売量4.2倍に 10月田中貴金属
日本経済新聞11月18日付

*石油なしタイヤ2013年にも製品化 住友ゴム
日本経済新聞11月18日付

* 貴金属使用量を半減 日産、新『キューブ』に採用 排ガス除去触媒
日経産業新聞11月18日付

*アルミ地金が下落 中国の輸出税下げで 国際価格
日本経済新聞11月19日付

*白金、今年は供給不足 パラジウム、供給過多に
日刊工業新聞11月19日付

*世界の金需要17%増 割安感強まり買い 7−9月 4四半期ぶりプラス
日本経済新聞11月20日付

2008/11/17

*燃料需要一段と減退 NY原油一時60ドル割れ 来年、16年ぶり低水準 世界需要の伸び
日本経済新聞11月8日付

*需要を150万〜200万バレル上回る原油生産能力 世界最大のサウジ石油会社CEO 
日経ヴェリタス11月9日付

* 本格反発、10年ごろに 原油や穀物〜商品ウォッチ 市況を聞く〜丸紅経済研究所所長 柴田明夫氏
日経産業新聞11月11日付

*白金ミニ先物取引スタート  東工取 非組み換え大豆ザラバに変更 東穀取、1月から
日本経済新聞11月11日付

* 大豆の世界生産1%下方修正 米の農産物予想
日本経済新聞11月12日付

*プラチナ販売量最高 円高・国際価格下落で割安感 田中貴金属の10月
日本経済新聞11月13日付

*『エネルギー革命』不可欠に 原油、30年に1バレル200ドル超10年代に供給危機懸念も
日本経済新聞11月13日付

2008/11/10

*米、超大国の時代に幕 国際社会で孤立深める〜検証・ブッシュ政権の8年
日本経済新聞11月3日付

*主要農作物価格が急落 増産で在庫増加 食糧危機は後退
日本経済新聞11月3日付

* バルチック指数暴落 原油も共同歩調 投資銀、高リスク投資から資金引き揚げ
日経ヴェリタス11月4日付

*灯油離れ 元売りに打撃 08年度販売量5.8%減の予想
フジサンケイビジネスアイ11月4日付

*新車販売 米、25年ぶり低水準 10月31%減 金融危機直撃 
日本経済新聞11月4日付夕刊

* エネルギー輸入価格急落 原油、ピーク時の半値 電力・ガソリン波及へ
日本経済新聞11月5日付

*アルミ 減産広がる 金融危機受け国際相場急落 長期需給引き締め要因に
日本経済新聞11月5日付

* 天然ゴムに下げ止まり感 原油安一服で売りが一巡
日本経済新聞11月6日付

2008/11/03

* 貴金属、車要需要減で急落 国際価格 プラチナは800ドル割れ
日本経済新聞10月25日付

*個人、金投資に熱 金融危機 株安で販売急増
読売新聞10月25日付夕刊

* 原油高の時代消滅した 価格は3ヵ月で高値から半値以下
株式市場新聞10月27日付

* 金下値限定、もみ合い? 『有事』今年後半は 700〜900ドルで推移か
日経産業新聞10月28日付

*家計の金融資産107万円減少 株価大幅下落 貯蓄取り崩し
東京新聞10月29日付

* 原油価格、円建てなら3分の1 円高で恩恵膨らむ〜異常相場の裏側  
日本経済新聞10月29日付

*資源運搬船 運賃一段と下げ バルチック指数 6年ぶり1000割れ 
日本経済新聞10月29日付夕刊

* 穀物国際価格下げ渋る ファンドの売り一段落
日本経済新聞10月30日付


2008/10/27

*NY原油70ドル割れ 物価高も一服か 3ヵ月で半値以下
読売新聞10月17日付夕刊

* 原油・穀物ピークの半値 マネー縮小で急落 物価高是正、景気にプラスも
日本経済新聞10月18日付

* 『日量200バレル減産も』 OPEC議長、原油下落に対抗策
フジサンケイビジネスアイ10月21日付

* 金を売るファンド、買う個人〜大機小機
日本経済新聞10月15日付

*非鉄相場、値動きに差 最高値からの下落率 アルミは小さく 需給環境の違い映す
日本経済新聞10月22日付

* 東工取『白金ミニ取引』 11月10日取引開始 『金ミニ』が呼び水に  
日本証券新聞10月22日付

*『金、再度1000ドルの可能性』 英調査会社CEO見通し 国際価格1年以内に
日本経済新聞10月23日付

* 金、国内価格が急落 円相場の上昇で 前日比194円安
日本経済新聞10月23日付


2008/10/20

*金投資のための情報収集 携帯からも相場チェック
日本経済新聞10月9日付夕刊

*株安・円高 暮らしに打撃 日本人の富1人当たり200万円目減り 景気悪化悪循環も
日本経済新聞10月11日付

* 穀物、北米豊作で急落 不作観測一転、高値に幕
日本経済新聞10月11日付

* 国際商品から資金流出加速 換金売り拡大 CRB指数、1年2ヵ月ぶり300割れ
日本経済新聞10月11日付夕刊

* 市場と制作、緊迫の1年 サブプライム危機 世界の株式時価総額 1年で3000兆円減少資本注入で強調、ヤマ場に
日本経済新聞10月15日付

*NY原油 マネー流出鮮明 ファンド手じまい売り 06年7月以来建玉少なく
日本経済新聞10月15日付

* ガソリン卸値16円差 先物選べばスポットより安く 新日石の新制度 原油急落、先物下げ先行
日本経済新聞10月16日付

2008/10/13

*原油、物価動向に収れん 急騰経て、ほぼ理論価格に〜市況の法則
日本経済新聞10月4日付

* 『有事の金』人気再燃 ETFに中長期資金の流入加速
日経ヴェリタス10月7日付

*国際商品先物も急落 売買一段と低迷 円高響く 手じまい売り増える
日本経済新聞10月7日付

*リスク回避へ慎重姿勢 内外で急落 金・国債に資金流入
日本経済新聞10月7日付夕刊

* 漁業や畜産もヘッジ取引を 先物協会が研究会 中小零細業者の参加促す
日本経済新聞10月8日付

* 株急落 行き先失う個人マネー 『怖くて手が出せない』
フジサンケイビジネスアイ10月8日付

* 株一時1万円割れ マネー逃避加速 金・国際・円へ
読売新聞10月8日付

*パラジウム下落 自動車向け減少
日本経済新聞10月9日付


2008/10/6

* 銅、国際価格が乱高下 非鉄金属 アルミは方向感乏しく
日本経済新聞9月27日付

*買い控え、物価に天井感も 国際相場下落 『先安』の期待
日本経済新聞9月27日付

*海運市況に不透明感 コンテナ米景気減速、荷動き停滞 ばら積み 新興国需要カギに
日本経済新聞9月30日付

* 貴金属、値動きに差 金 8月末比7%高に 白金 景気懸念で売られる
日本経済新聞10月1日付

*国際商品、金が独歩高 安全資産として評価 米金融危機が深刻化
日本経済新聞10月1日付

*ガソリン150円台 5ヵ月ぶり水準に 首都圏など激戦区
日本経済新聞10月1日付夕刊

* マネー収縮 世界に拡大 米欧企業に余波 貸し渋り深刻
日本経済新聞10月2日付

*東工取が内装公開 新トレーディングルーム 3億4,000万円当時活性化 
日本経済新聞10月2日付

2008/9/29

* 全農、飼料値上げ 10〜12月4期連続で
日本経済新聞9月20日付

*先鋭化は原油市況の波乱要因 OPEC、内部対立が鮮明に
日本経済新聞9月20日付夕刊

*クレジットパニック 暴走する市場、背水の政策対応
日経ヴェリタス9月21日付

* ミニ取引など新商品カギ 商品先物、実質下期相場入り〜あすの勘どころ
日本経済新聞9月22日付夕刊

*素材価格 崩れる序列 増産投資や内外内外需給緩む〜マーケット潮流・底流
日本経済新聞9月23日付

*貸し倒れ補償する保険 AIGの危機招いたCDSとは 世界の残高6500兆円
東京新聞9月24日付

* 相場操縦の疑い調査 CFTC『不自然な動き』 22日のNY原油
日本経済新聞9月24日付夕刊

*国際商品相場が乱高下 原油・金など 米金融危機で拍車
日本経済新聞9月25日付

2008/9/22

*99.99ドル売買 成立させたのは 100ドル突破時と同じトレーダー
日本経済新聞9月13日付夕刊

*家計金融資産減少幅最大に  株下落で4.3%減少 6月末
日本経済新聞9月16日付夕刊

* OPEC再び下方修正 世界石油需要08年見通し
日本経済新聞9月17日付

*米の需要減 懸念強まる 原油急落、ドバイ90ドル割れ ファンド、売りを加速
日本経済新聞9月17日付

* 国際商品軒並み安 CRB指数は年初来安値
日本経済新聞9月17日付

*米政府、金融恐慌を警戒 AIG破綻なら『大惨事』
日本経済新聞9月17日付夕刊

*食用油原料が一段安 大豆・菜種 金融不安、マネー流出 国際価格
日本経済新聞9月18日付

* 石油市場『利便性向上目指す』白金ミニ11月上場も発表 東工取・南学理事長
日本経済新聞9月18日付


2008/9/15

景気悪化 連鎖の懸念 米金融安定化が焦点 米国発、日欧・新興国へ 株・金利・商品の『3低』鮮明
日本経済新聞9月7日付

*投機マネー買い意欲鈍る シカゴ穀物 原油相場下落が影響
日本経済新聞9月9日付

* ばら積み船の用船料が急落 中国向け失速
日本経済新聞9月9日付

* ユーロ安止まらず止まらず ロシア情勢 欧経済に重し
読売新聞9月10日付

*原油平均価格来年は126ドルに  米エネルギー省見通し
日本経済新聞9月10日付夕刊

* 国際商品、下落基調一段と CRB指数、7ヵ月半ぶり低水準
日本経済新聞9月11日付

*本格減産の時期焦点 OPEC 原油急落に危機感 当面は100ドル前後
日本経済新聞9月11日付

*金が1年ぶり安値 国内価格  国際相場下落に押される
日本経済新聞9月11日付


2008/9/8

*EU見直し急ぐ エネルギー4割、ロシア産
朝日新聞8月30日付

*世界のマネー 株式離れ鮮明 主要20市場で下落 1−8月 景気減速を警戒 資源国でもマイナスに
日本経済新聞8月31日付

*中国の車販売急ブレーキ 7月、6.8%増に鈍化 購買意欲低下映す 今年1000万台突破は微妙に
日経産業新聞9月1日付

* 金の価格どう決まる?〜ニッキィの大疑問
日本経済新聞9月1日付夕刊

* 穀物高『物価の優等生』直撃 鶏卵、異例の夏の高値〜マーケット潮流・底流
日本経済新聞9月2日付

*国際商品価格が急落 CRB指数、7ヵ月ぶり安値 金やトウモロコシも
日本経済新聞9月3日付夕刊

* 原油下落じわり波及へ ガソリン、2ヵ月ぶり180円割れ なお高値 戻らぬ客足  
日本経済新聞9月4日付

2008/9/1

*『タンス預金』30兆円 低金利など影響 日銀推計
日本経済新聞8月23日付

* 原油 当面は高止まり 在庫水準なお低調、『年末失速再来論』は劣勢  
日経ヴェリテス8月24日付

*穀物の国際価格反発 トウモロコシは21%高 直近安値比
日本経済新聞8月26日付

*白金先物ミニ上場 東工取、11月メド 個人マネー呼び込む 
日本経済新聞8月26日付夕刊

*自動車用金属が大幅安 亜鉛やプラチナ 北米需要減見込む
日本経済新聞8月26日付夕刊

* 日経国際商品指数が低下 7月初旬比15% 石油製品・金下落で アジア需要も減退
日本経済新聞8月27日付

* トウモロコシ 茎を使いバイオ燃料 穀物メジャー 種子大手と開発
日本経済新聞8月27日付夕刊

* ドル防衛秘密合意 日米欧、3月の金融危機時 協調介入を準備 基軸通貨に危機感
日本経済新聞8月28日付


2008/8/4

*バイオ燃料 今後10年で市場2倍 OECD報告『食料との競合回避を』
日本経済新聞7月26日付夕刊

* 原油相場に需要減の影 荒い値動き、新興国にも先行き懸念
日経ヴェリタス7月27日付

*金高騰、積み立ての威力1000万円〜個人投資家七転び八起き
日経ヴェリタス7月27日付

*NY原油下落傾向続く 規制にらみ資金細る 需給ひっ迫は変わらず 
日本経済新聞7月28日付

*ドル・債券買い材料に 方向感はつかみにくく 原油反落基調 
日本経済新聞7月29日付

* 穀物価格 調整色強まる ファンド売り圧力 トウモロコシは最高値比25%下落
日本経済新聞7月29日付

* NY原油 120ドル割れも 年金基金など持ち高圧縮
日本経済新聞7月31日付

* 自動車 輸出台数過去最高 上期、12.7%増 新興国頼み鮮明
産経新聞7月31日付


2008/7/28

* プラチナ 2ヵ月半ぶり安値 需給緩和観測で 国際価格
日本経済新聞7月19日付

*新日鉄、市場連動で決定 ガソリン卸値 10月から変更 週ごとに改定 透明性高める 
 日本経済新聞7月19日付夕刊

*原油高で中東諸国台頭 途上国支援に新勢力 富分配で『責任』強調 発言力拡大も
日本経済新聞7月20日付

* 金への資金流入進む 原油は下落も一時的調整か 米金融不安が発火点
日経ヴェリタス7月20日付

*貴重金属の蓄積量豊富な日本 求められる『都市鉱山』の活用
産経新聞7月22日付

*国際商品相場に調整色 CRB指数が高値から1割下げ 原油、穀物の下落で
日本経済新聞7月23日付

* 午後5時開始に変更へ 東工取の夜間取引
日本経済新聞7月24日付 

* 値上げの波やまず ガソリン卸値、8月も6円上げへ
日本経済新聞7月24日付


2008/7/21

* 米、肥料価格2倍に エタノールブームで加速 一段の食料高招く可能性
日本経済新聞7月13日付

*穀物市場、大豆に注目 米中西部洪水で収穫減観測 トウモロコシは需要減で軟調 
 日本経済新聞7月15日付

*金25年ぶり高値 国際相場の上昇受けて 国内価格
日本経済新聞7月15日付

*『投機マネー、影響大』 原油・食糧高 『実需以外』25〜48%朝日新聞7月16日付
* 高速ツアー増便 走れ!『ガソリン節約路線』 
産経新聞7月16日付

*石油需要再び下方修正 OPEC 今年4回目 先進国落ち込む
日本経済新聞7月16日付夕刊

*国際商品、騰勢が一服 需要減退懸念広がる FRB議長議会証言
日本経済新聞7月17日付

* 軽・灯油、スポット価格急落に 原油下落、輸出向け調達急減
日本経済新聞7月17日付 

2008/7/14

* 穀物高騰 代役『コメ』脚光 畜産飼料に活用 千葉 パンの原料に米粉普及狙う 新潟
日本経済新聞7月7日付

*6限月取引スタート 東工取の金ミニ 商品別出来高でトップ記録 
 日刊工業新聞7月8日付

*『金の価格』が『2万ドル』へ!? 〜相場の醍醐味 本間宗究
日本証券新聞7月8日付

* 食糧・原油アフリカ悲鳴 貧困対策の後退に不満 自給支援要望 投機筋にいら立ち
朝日新聞7月8日付 

*アルミ急伸、最高値 中国、電力不足で減産 国際価格2年2ヵ月ぶり 需給は緩和傾向
日本経済新聞7月9日付

* NY原油 変動激しく 1週間で10ドル上昇 2日間で同額下落 
日本経済新聞7月10日付

*シンガポールに新商品取引所 インド系が開設 東南アの中核拠点狙う 石油先物など来年開始
日本経済新聞7月10日付


2008/7/7

* 『軽質油』にマネー流入 ガソリン精製に最適/品薄で投機対象に 原油相場けん引 サウジの増産表明相殺
日本経済新聞6月30日付

*商品投資個人と接点 東証、金ETF上場 証券との垣根低く
日本経済新聞7月1日付

*車離れ、コスト高… 『一家に1台』に影 戦後初の自動車保有台数減少〜明解要解 
 産経新聞7月1日付

* 増加分9割は新興国 OPEC依存強まる 今後5年IEA見通し 石油需要
日本経済新聞7月2日付

*絡まる高騰 世界覆う 産油国も不安 インフレに出稼ぎ悲鳴 パーム油誤算 燃料に回され家計重荷
朝日新聞7月2日付

*粗糖4ヵ月ぶりの高値 ブラジルで天候不順 生産の伸び鈍化見通し
日本経済新聞7月3日付

* 自給率、目標50%に 食料高で引き上げ 農水省方針
日本経済新聞7月3日付 


2008/6/30

* 金銀価格比、歴史に幕? 価格差拡大、注目度薄く
日本経済新聞6月21日付 

*米国発食糧危機の様相 中西部洪水 穀物高騰に拍車 
産経新聞6月23日付

* 米物価、押し上げも アイオワなど穀倉地帯洪水 農務省、被害調査に着手
日本経済新聞6月23日付

*ドライブ敬遠 米で鮮明に 走行距離、6ヵ月連続減
日本経済新聞6月23日付

*現物需要を押し上げへ 金ETFの東証上場 
 日本経済新聞6月24日付

* おから、飼料活用で人気 穀物高災い転じ… 牛ふん、焼酎かすも脚光〜こちら特報部 
東京新聞6月25日付

* 市場、効果に疑問の声も 規制緩い海外に抜け穴 米CFTC、国外で原油取引規制
日経産業新聞6月25日付

*投資マネー増加傾向一服 株式や為替、商品も 米金融政策を注視
日本経済新聞6月26日付

2008/6/23

* ミニトウモロコシ先物 10月にも上場 東穀取
日本経済新聞6月14日付 

*世界経済、お天気しだい ハリケーン・干ばつ・ラニーニャ…資源高騰の元凶〜放電塔 金融記者座談会 
日経ヴェリタス6月15日付

* 『ミニ先物』取引急増 10分の1単位で投資可能 個人が短期売買 『金先物ミニ』市場規模拡大
日本経済新聞6月17日付

*サウジ増産無力 NY原油が最高値更新 来月から日量20万バレル
朝日新聞6月17日付

*米産大豆の対中輸出拡大 供給不安の南米産からシフト 
 日本経済新聞6月18日付

* 原油高、米欧物価押し上げ 米卸売半年ぶりの伸び ガソリン9.3%上昇 
日本経済新聞6月18日付

* 米中西部洪水被害が拡大 イリノイ州など 農作物に影響懸念 堤防27ヵ所決壊の恐れ
日本経済新聞6月18日付夕刊


2008/6/16

* 株下落 商品相場は急騰 米景気の先行き懸念 穀物など軒並み高騰 国内先物 日経平均一時370円超安 ドバイ原油初の130ドル台
日本経済新聞6月9日付夕刊 

*国際商品、再び騰勢 CRB指数最高値 原油・穀物がけん引
日本経済新聞6月10日付

* 米経済の下押し必至 消費者心理悪化に拍車 米ガソリン、初の4ドル台
日本経済新聞6月10日付夕刊

*来年、1100ドル超えも 金の国  際価格 英調査会社CEO予測
日本経済新聞6月11日付

*OPEC『原油、要請あれば増産も』 事務局長 価格『高い』と明言
 日本経済新聞6月12日付

* 違法性高い取引監視 米商品相場調査、FRB・SECと連携 民間金融の情報収集 
日本経済新聞6月12日付

* ガソリン騰落迷走 元売り系板挟み 大幅値上げ→消費者買い控え→値下げ〜価格の力学
朝日新聞6月12日付


2008/6/9

* 米農産物輸出額最高に 今年度推計32%増 穀物・飼料高で
日本経済新聞5月31日付 

*石炭・鉄鉱石の先物上場 指標価格形成狙う 投機資金の流入加速も 需要家に期待と不安 オーストラリア証取
日本経済新聞6月3日付

* 軽油、29年ぶり高値圏 A重油も最高値 原油高、海外で需要増 景気減速下 運輸業界は苦慮
日本経済新聞6月3日付夕刊

* 米の景気後退が響く 原油価格、年後半に下落も
日経産業新聞6月4日付

*バイオ燃料対立鮮明 食糧高騰主犯論で紛糾 2大生産国の米・ブラジル 脱・原油へ譲れず 国連・日本踏み込み不足
 朝日新聞6月4日付

*農産物市場の監視強化 米、ファンドの動き毎月公表
日本経済新聞6月4日付夕刊

* 遠のく客足 悲鳴続々 止まらぬ高騰 ガソリン171円台 家計負担4万円増
産経新聞6月5日付


2008/6/2

* 投機、中国の需要増に匹敵  膨らむマネーで原油高
日本経済新聞5月25日付

* 高騰する穀物価格 なせ値上がり? 膨らむ世界の胃袋、投資も活況〜エコノ入門塾
日本経済新聞5月26日付 

*ドバイで取引拡大 国際相場押し上げも 原油先物
日本経済新聞5月27日付

* JSRも値上げ 来月、ナフサ高を転嫁 合成ゴム
日本経済新聞5月27日付

* 投機マネー流入で原油価格1.5倍 『エネルギー白書』で政府試算
読売新聞5月28日付

*トウモロコシ独歩高 シカゴ商取で最高値6.27ドル 米で不作観測 中国輸出停止 供給力不足の懸念
 日本経済新聞5月28日付

*国際商品指数、上げ一服 原油先物下落やドル高で
日本経済新聞5月29日付

* 投機マネー流入続く NY原油、なお先高観〜市況拡大鏡
日経産業新聞5月29日付


2008/5/26

* コメ早期上場 関西商取がビジョン 証取と連携
日本経済新聞5月17日付

* EU、減反政策撤廃へ 食糧高騰に対応 小麦など10%増産 輸出規制国けん制
日本経済新聞5月19日付

* バイオ燃料の影響『軽微』 米農務省、悪玉論に反論 食料価格高騰
日本経済新聞5月20日付夕刊 

*プラチナ 半年内に2500ドルも 英社予想 今年も供給不足
日本経済新聞5月21日付

* 砂糖値上げ、早期に浸透 『加糖あん』輸入増で需要増 冷凍ギョーザ中毒事件が影響
日本経済新聞5月21日付

*日本の食卓もピンチ 豚肉 ザーサイ イグサ 四川大地震
 産経新聞5月22日付

*金1−3月総需要15%減  宝飾品減少 中国は増加
日本経済新聞5月22日付

* 先高観 マネー流入に拍車 需給逼迫長期化の見方 世界景気の足かせに 原油130ドル突破
日本経済新聞5月22日付


2008/5/19

* 天然ゴム、連日最高値 減産懸念や原油高で 国際価格年初比13%高
日本経済新聞5月10日付

* 商品先物ETF上場へ 東証
読売新聞5月11日付

* 銀使い排ガス触媒 貴金属コスト10分の1 三井金属
日経産業新聞5月12日付 

*アジア需要増 なお先高観 輸送用燃料の需給逼迫 ドバイ原油、終値も120ドル乗せ
日本経済新聞5月13日付

* 不需要期でも上昇 先物高騰など影響 灯油スポット価格
日本経済新聞5月14日付

*ガソリン 米に輸出 余剰精製能力を活用 日米政府促進で一致 安定供給後押し 
 日本経済新聞5月14日付夕刊

*金ミニ取引、限月拡大 売買全体の底上げ狙う 東工取
日本経済新聞5月15日付

* 世界食糧危機 先進国にも忍び寄る史上最悪のクライシス 価格高騰パニックは食い止められるか
ニューズウィーク5月21日号


2008/5/5

* 砂糖卸値2年ぶり上昇 需要増で在庫少なく
日本経済新聞4月26日付

* 忍び寄る世界食糧危機 輸出国に資源ナショナリズム台頭 トウモロコシ・小麦・コメ・大豆が足りない
日経ヴェリタス4月27日付

* バイオガソリン原料量産 新日石、国内で初 来年末から
日本経済新聞4月28日付 

*米農地価格上昇続く 食料需要の増加背景 今年15%高、最高に 年金基金なども投資
日本経済新聞4月28日付夕刊

* 農産物総合指数 6月メドに公表 東穀取、取引活性化狙う
日本経済新聞4月29日付

*金高騰で個人の売り急増 日本、アジアの供給源に 
 日本経済新聞4月29日付

*高騰ガソリン 米も減税論議 需要期控え 与野党で急浮上
毎日新聞4月30日付夕刊

*食料高騰で見直し機運 バイオ燃料普及 EU、利用目標を再検討も 南アは原料制限
日本経済新聞5月1日付

2008/4/21

* アルミ高値、期先物が主導 中長期の先高観根強く
日本経済新聞4月12日付

* 世界の資金調達130兆円減 1−3月4割減 サブプライム響く 実体経済重しも
日本経済新聞4月14日付夕刊

* 金ミニ取引が好調 証拠金の安さ魅力 東工取
日刊工業新聞4月15日付 

*砂糖2年ぶり値上げ 燃料費上昇で4% メーカー出荷価格
日本経済新聞4月15日付

* 行列、デモ、暴動多発 食糧高騰、世界各地で社会不安
産経新聞4月15日付

*露、石油生産頭打ち 外資排除… 新規油田開発阻む
 産経新聞4月16日付

*東工取、商品指数を上場 金や原油など9品目の価格数値化国内外資金呼び込む 来年5月日本初
日本経済新聞4月16日付夕刊

*石連と環境省大阪対立へ 『バイオガソリン』販売拡大 異なる規格、初の競合
日本経済新聞4月17日付

2008/4/14

* 原油、しばらく高値圏 インフレ対策こそ重要〜米金融不安を聞く
日本経済新聞4月8日付 

*穀物相場に変化の兆し 大豆・小麦 生産意欲高まり軟調 トウモロコシ 投資資金流入で急伸 
日本経済新聞4月8日付

* 『安定供給の時代』終焉の見方アジアを襲う食糧危機〜納得ゼミナール
フジサンケイビジネス4月9日付

*38万トン 相場高騰、昨年は8%減 コーヒー豆年間輸入量〜数字・すうじ
 日本経済新聞4月9日付

*100兆円 サブプラ損失 IMF試算急増 『日本の90年代に匹敵』
産経新聞4月9日付

*ガソリン21.7円安 3月末から1週間で
読売新聞4月10日付

*米、17年ぶり低成長 IMF08年予測『世界不況の可能性』 
日本経済新聞4月10日付


2008/4/7

*商品先物の国際化へ第一歩 石油元売り各社、東工取の会員に
日本経済新聞3月29日付夕刊

*家計のグローバル化進む 影響し合う個人マネー
日本経済新聞3月30日付

*中国、普及へ官民強力 環境対応車 自主開発し発売 
日本経済新聞3月31日付夕刊

*国家備蓄が最高水準 内需で膨らむ1月99日分
日本経済新聞4月1日付

* ガソリン値下げ、115円も 業界団体 赤字還付を要請
毎日新聞4月2日付 

*アルゼンチン道路封鎖 農業団体、大豆輸出税上げに抗議 首都、牛肉など消える 
日本経済新聞4月2日付

* 金、現物も900ドル割れ 金融不安後退ドル上昇で
日本経済新聞4月3日付

*原油 需給緩和も高値安定 投機資金が市場をかく乱
 日刊工業新聞4月3日付


2008/3/24

*金1000ドル突破 換金の客続々来店
 読売新聞3月15日付

*資金供給が招く悪循環 マネー、商品に流入加速
日本経済新聞3月15日付

*切り上がった原油の下値 商品相場への資金流入止まらず 
日経ヴェリタス3月16日付

*進む円高 個人マネー外貨預金へ 米ドル建て、残高増
日本経済新聞3月17日付

*ドル急落、円95円台 12年7ヵ月ぶり水準 日経平均一時1万2000円割れ 
日本経済新聞3月17日付

* 日経先物指数が急落 円高受け白金など大幅安
日本経済新聞3月18日付

* 進むドル離れ マネーは原油・貴金属に 米国発金融動乱
朝日新聞3月19日付 

*東穀取が小麦研究会 先物上場の可能性探る 
日本経済新聞3月19日付

* 非鉄の国際価格が急落 米景気に不安 手じまい売り
日本経済新聞3月19日付

2008/3/17

*米年金基金、商品にシフト 金・原油に資産配分拡大 ドル安の影響警戒
 日本経済新聞3月8日付

*日清食・山崎パン転嫁へ 日清製粉、小麦粉2割値上げ発表 消費者、買い控えも 森永製菓・グリコなども検討
日本経済新聞3月11日付

*ETF人気に差 金連動型 累積売買代金膨らむ 韓国株型 価格下落で取引低迷 
日本証券新聞3月12日付

*米経済に『二重の試練』 石油危機以来の同時進行 物価上昇 景気減速 
日本経済新聞3月12日付

* 飲料甘味料値上げ 異性化糖13% トウモロコシ高を転嫁
日本経済新聞3月12日付

* 『2012年までに200ドル突破も』 ゴールドマンサックスのリポート
産経新聞3月12日付 

*需給逼迫の観測も 大豆とトウモロコシ 米国の作付面積見通し 穀物市況の焦点に 
日本経済新聞3月13日付

2008/3/10

*古貨幣まさに埋蔵金 地金在     庫は1300億円分 高騰する入札価格 在庫一層には慎重
 産経新聞3月3日付

*豪州の小麦生産量 08年度は回復見通し
 日本経済新聞3月5日付

*穀物の国際価格急騰 トウモロコシ12年ぶり最高値 ファンド主導の買い活発 シカゴ
 日本経済新聞3月5日付

*国際商品に資金逃避 『CRB指数』最高値更新
 日本証券新聞3月5日付

*中国『食の安全強化』 成長率8%目標 全人代開幕
 日本経済新聞3月5日付夕刊

*OPEC原油増産見送り 『供給は十分』 消費国の反発も
 日本経済新聞3月6日付

*金価格、再び騰勢強まる 実需との乖離目立つ ドル安・インフレ懸念
 日本経済新聞3月6日付

*原油収入など元手 国が長期運用 政府系投資ファンドって何じゃ〜ニュースがわからん!
 朝日新聞3月6日付

2008/3/3

*商品相場強気トレンドに 米著名投資家 ジム・ロジャース氏講演 
日本経済新聞2月24日付

* バイオ燃料で初飛行 英ヴァージン、10年内の実用化目標 エネルギー転換 温暖化ガス抑制 
日本経済新聞2月25日付夕刊

*小麦 なぜまた値上がり?〜ニッキィの大疑問
日本経済新聞2月25日付夕刊

*金貨競売で50億〜60億円 ささやかながら国庫へ
日本経済新聞2月26日付

*影の主役 新興国インド 現代のゴールドラッシュ〜新せかい百科 欧州発  
産経新聞2月26日付

*CRB指数、初の400台 長期資金、商品に広く流入 
日本経済新聞2月27日付

* 貴金属の売買 本人確認悩む  現金200万円超 来月義務に 
日本経済新聞2月27日付夕刊

* 米農家収益2年連続最高 穀物高が追い風に 補助金打ち切り案も
日本経済新聞2月28日付 

2008/2/25

*原油と金利連動性薄れる 背景に産油国の債券買い〜市況の法則 
日本経済新聞2月16日付

* 砂糖の値上がりが影響 小豆価格なぜ下がる 安い『あん』の輸入が増加〜エコノ探偵団 
日本経済新聞2月17日付

*白熱化する貴金属市場 金に次いで白金人気が加速
日本証券新聞2月19日付

*1年8ヵ月ぶり最高値 天然ゴムの国際価格 主産地タイ、減産期入り
日本経済新聞2月20日付

*プラチナ、騰勢強める 南アの減産懸念で スポット最高値  
日本経済新聞2月20日付

*小売り価格転嫁避けられず 原油・大豆再び高騰 投機資金流入で悪循環 
産経新聞2月21日付

* 投機マネー原油に再流入 NYで再び100ドル台 ドル離れの受け皿に 
日本経済新聞2月21日付

* 国際商品、供給懸念で上昇 背景に政情不安・インフラ不足
日本経済新聞2月21日付 

2008/2/18

*穀物輸入国に戻る恐れ 中国の食糧高、世界に波及も〜ニュースの理由
日本経済新聞2月8日付夕刊

*えっ バイオ燃料でCO2増 米チーム試算 森の減少で  
読売新聞2月8日付夕刊

*一時650兆円減 世界の株式時価総額 サブプライム余波 1月米社試算 
日本経済新聞2月9日付

* レアメタル、価格が高騰〜ニュース入門 
日本経済新聞2月10日付

* 『86兆円再保証』 米金融会社に救済案 米投資家バフェット氏 実現あら市場安定に道 
日本経済新聞2月13日付

*プラチナ一段と騰勢 最大手が減産見通し
日本経済新聞2月13日付

*3.4倍最高に 1月の金買い取り量 田中貴金属工業 
日本経済新聞2月14日付

* 世界の穀物在庫 26年ぶり低水準 FAO報告 
産経新聞2月14日付


2008/2/11

*不動産からマネー流出 市場混乱の余波 世界のREIT 昨年ピーク比2割減
日本経済新聞2月2日付夕刊

*バイオ燃料指数 関西商取が開始 米先物価格から算出 
日本経済新聞2月5日付

*円安局面、転機に 実効レート、14ヵ月ぶり円高水準 1月 『円キャリー取引』下火 
日本経済新聞2月5日付

* 複数のリスクが同時進行 米景気不安、国際商品に波紋 
日本経済新聞2月5日付

* コーヒー、8年ぶり高値 産地在庫大幅減の見込み 
日本経済新聞2月6日付

*イラク石油開発へ動く 関連法の成立にらむ 米欧ロ大手 埋蔵量世界3位
日本経済新聞2月6日付

*高騰続くシカゴ穀物 大豆小麦が史上最高値 関連食品の再値上げは確実に 
日本証券新聞2月7日付

* 廃アルミ缶 争奪戦激化 自動車向け需要増、韓国も購入 
日本経済新聞2月7日付

2008/2/4

*天然ゴム高止まり 主産地タイ減産期控え 国際価格 
日本経済新聞1月26日付

*金1000ドル乗せに現実味 ドル下落、買い材料多く 『目標2200ドル説も浮上 
日経金融新聞1月28日付

*運用収益、7%に向上 商品相場上昇が寄与 世界の商品投資顧問  
日経金融新聞1月29日付

*住宅・金融 消えぬ不安 FRBへの圧力一段と 米大統領一般教書演説 
日本経済新聞1月30日付

* 中国、半世紀ぶり大寒波 停電、交通マヒ…政府にも危機感
産経新聞1月30日付

* バイオ燃料併用検討 原油高で採算悪化 発電
日本経済新聞1月30日付

* エネルギー自給、ロシア首位〜なるほどビジネスMAP
日本経済新聞1月30日付夕刊

* 中国要因なお不透明 鉄鋼が急騰 穀物が反応薄 輸出税率上げ 影響に差
日本経済新聞1月31日付


2008/1/28

*バイオ燃料開発着手へ 中国石油火工 
日本経済新聞1月24日付

*FF金利、2%台に 米専門家予測 景気不透明感消えず
日経金融新聞1月24日付

*ロシア次期大統領に『ルーブル圏』構想〜世界の市場から 
日経金融新聞1月24日付

* 原油、高値調整色濃く 国際商品、米景気悪化を懸念 
日本経済新聞1月23日付

*小豆価格浮揚せず 穀物急騰の中… ■豊作見通し ■中国産・加糖あん輸入増  
日本経済新聞1月23日付

*商品事業 証券会社が拡大 原油・穀物など連動 
日本経済新聞1月22日付

* 低在庫、騰勢強まる 大豆・トウモロコシに需給逼迫感”
日経金融新聞1月21日付

* 高値で買い控え広がる ガソリン在庫が急増〜データ検分
日経金融新聞1月21日付

* 銅、国際相場、米株と連動 景気・生産活動の浮沈反映
日本経済新聞1月19日付

2008/1/14

*NY金なお先高観 米景気後退警戒 資金流入続く
日本経済新聞1月10日付

* 大雨・熱波…影響は深刻 日本の気温4.7度上昇 試算 農作物収穫減や感染症も 
日本経済新聞1月9日付

*騰勢続く国際商品 中国需要、一段の押し上げも 
日本経済新聞1月8日付

*70年代“狂騒”再び? 景気停滞なのに物価上昇ジワリ
産経新聞1月7日付

* BRICsが北米を逆転 日本車海外生産 2011年にも年500万台
日本経済新聞1月6日付

* マネー波乱 強まる連鎖 原油高、ドル安、日米株安 世界経済に不透明感
日本経済新聞1月5日付

* 東穀取、ザラバ取引開始 コーヒーと粗糖で 『国際標準に一歩近づく』
日本経済新聞1月5日付

*原油、一時100ドル NY市場 投機マネー、商品へ 
日本経済新聞1月4日付
この資料は、取引判断となる情報提供を目的としたものです。
お取引に関する最終決定はお客様ご自身でなさるようにお願い申し上げます。

このページに掲載された記事・画像の無断転載及び無断リンクを禁止します。
すべての著作権は株式会社 商品データ及び情報提供者に帰属します。
株式会社 商品データ
東京都中央区日本橋蠣殻町1−18−1
E‐mail  info@shohin-data.co.jp